マクニカ、次世代技術「ペロブスカイト太陽電池」「半固体電池」を実装した新型の空気質センサを開発

新型の空気質センサを東京都庁に設置

株式会社マクニカ

2024-03-05 00:00

株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)は、次世代技術「ペロブスカイト太陽電池」並びに「半固体電池」を用いた新型の空気質センサを開発したことを本日発表いたします。
「ペロブスカイト太陽電池(Perovskite Solar Cells:”PSCs”)」は、薄く、軽く、曲がり、材料によって半透明にすることが可能な、次世代太陽電池の大本命として注目の技術です。少ない光量でも発電することができるため、身の回りの小型電子機器や、これまで太陽光パネルを設置できなかったようなビルの壁面、宇宙空間など、さまざまな場所で独立電源を得ることが可能となり、大面積塗布技術によって大幅なコスト削減が期待されています。

半導体をコアに、AI、IoTなどで研究・実装の実績があるマクニカは、2022年から京都大学発スタートアップの株式会社エネコートテクノロジーズの「ペロブスカイト太陽電池」を採用した空気質センサを開発し、2023年6月より東京都の執務室内にて、屋内におけるペロブスカイト太陽電池の有効性実証事業*1を行ってきました。本実証事業により、低照度下での使用、一定間隔での無線通信の必要性、設置場所の制限・制約、オフィス空間において違和感のない筐体デザインなど、将来の持続可能なエネルギー源となる「ペロブスカイト太陽電池」の実用化に向けた様々な課題・知見を獲得しています。

そしてこの度マクニカは、本実証事業から得た知見を活かし、新型の空気質センサを開発しました。同センサは、従来製品よりさらに発電効率を高めた「ペロブスカイト太陽電池」を大面積で実装し発電量を増加させることに成功しました。また、IoTセンサに必要である長寿命・安全性確立のため、日本ガイシ株式会社製の「半固体電池」を採用し、センサ内に実装しました。「半固体電池」は、微弱な電力での細かな充放電が可能で、かつ、長寿命(高信頼性)といった特徴を持ち、IoT製品に最適な次世代蓄電技術として、技術検証を進めていきます。さらに、「軽く」「曲がる」という「ペロブスカイト太陽電池」の特徴をシンボル的に訴求した外観としました。

将来の社会生活において、無数のセンサが身の回りに配置されるようになりますが、それぞれのセンサの電源の確保が大きな課題になっていきます。マクニカは、屋内低照度下でも効率が良く発電できる「ペロブスカイト太陽電池」、微弱な電力を効率よく蓄電できる「半固体電池」、低消費電力でも作動できる高性能半導体を用いて、持続可能なIoT環境発電(エネルギーハーベスティング)センサの実現を今後も目指していきます。

新型の空気質センサは、昨年度から実証事業を進めている東京都庁の執務室内に2月下旬から設置し、空気質モニタリング(CO2、温湿度、照度)の計測を開始しています。同センサは、マクニカが事業開始している空気質モニタリングソリューション「AiryQonnect(エアリーコネクト)*2」のセンサの一部として将来組み込まれる予定であり、空気質改善による生活品質向上の実現に向けて取り組んでいきます。

■開発した新型の空気質センサ
・サイズ 
縦:88mm 横:161mm 高さ:58.5mm
・センサ群: 
光音響方式CO2、温湿度、照度
・通信
Bluetooth Low Energy
*製品仕様は発表時のものであり、今後予告なく変更する事がございます。

*1:詳細はWebサイトをご覧ください。
(リンク »)

*2: AiryQonnect(エアリーコネクト)とは:
AiryQonnectは、マクニカが提案する空気質モニタリングソリューションです。温湿度、CO2、TVOCガス、PM2.5など空気環境を計測するために必要な高精度センサと共に、LTE SIM・BLEルーターの無線通信機能、取得したデータを可視化するダッシュボード、APIによる外部連携など空気質モニタリングに必要な要素をトータルで提供します。
詳細はWebサイトをご覧ください。 (リンク »)

※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカおよび各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


株式会社マクニカについて
マクニカは、半導体、サイバーセキュリティをコアとして、最新のテクノロジーをトータルに取り扱う、サービス・ソリューションカンパニーです。世界23か国/地域81拠点で事業を展開、50年以上の歴史の中で培った技術力とグローバルネットワークを活かし、AIやIoT、自動運転など最先端技術の発掘・提案・実装を手掛けています。
マクニカについて:www.macnica.co.jp


<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社マクニカ   (リンク »)
広報室 宮原 e-Mail:macpr@macnica.co.jp
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]