Salesforce、Slack AIをすべての有料プランで提供開始 日本語を含む多言語での使用が可能に

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2024-04-19 12:16

~AIを搭載したSlackのプラットフォームを強化し、検索機能の拡張、チャンネルとスレッドの要約に加え、新しい「まとめ」機能を含む生成AI機能をネイティブで提供~



※本資料は2024年4月18日に米国で発表されたニュースリリース( (リンク ») )の抄訳版です。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

米国Salesforce(以下、Salesforce)は、企業の会話データを活用し、迅速でスマートな仕事を実現するSlack AI( (リンク ») )が日本語を含む多言語に対応し、Slackの有料プラン全てにおいて提供開始となることを発表しました。これにより、あらゆる規模の組織が、現在使用している安全なSlackのプラットフォーム上にネイティブ搭載された、信頼性が高く直感的な生成AIにアクセスできるようになります。

Slack AIの主な機能は以下の通りです。
新しい「まとめ」機能:ユーザーがフォローしたいチャンネルの要約を毎朝ダイジェストで配信する新しい機能です。対象のチャンネルをまとめに追加することで、見逃した可能性のある会話のダイジェストを毎日受け取ることができます。また、Slack上のユーザーアクティビティに基づいて、Slack AIがまとめに追加するべきチャンネルをおすすめします。

回答の検索:会話形式の質問に対して、パーソナライズされたインテリジェントな回答を提供する機能です。関連するSlack上の会話から直接引用された平易な言葉で、明確かつ簡潔な回答を得ることができます。また、必要に応じて引用元を検証し、さらに深く掘り下げた回答を検索することもできます。

会話の要約:アクセス可能なチャンネルやスレッドから要点を抽出する機能です。未読メッセージの把握や、過去7日間の会話の要約、あるいは任意の期間を設定して要約を作成することができます。それぞれの要約には明確な情報源が示されているため、ユーザーは重要な部分をより深く掘り下げることもできます。



[画像: (リンク ») ]


Slack AIによる成果:社内分析の結果、Slackの顧客は、Slack AIを活用して回答の検索や知識の抽出、アイデアの創出に役立てることで、すでに1ユーザーあたり毎週平均97分の業務時間を短縮しています。一方で、SlackのWorkforce Labが実施した最新の調査( (リンク ») )によると、経営幹部の94%が自社にAIを導入することが喫緊の優先事項だと述べているにも関わらず、職場でAIツールを試したことがあると回答したデスクワーカーは4人に1人にとどまったことが明らかになっています。

顧客事例:大企業から中小企業まで、Slackのユーザー企業はSlack AIを活用して、必要な情報を必要なタイミングで把握し、優先順位付けに役立てています。

Wayfairは2016年にメッセージングソフトウェアをSlackに移行し、現在は収集したデータをより効率的に抽出するためにSlack AIを活用しています。また、強化された検索機能から自然言語で質問を投げかけ、関連するチャンネルから簡潔な回答を見つけています。
「Wayfair がグローバル規模で拡大するなか、情報をすばやく発見できるようにすることで、メンバーが情報収集に費やす手間を減らし、成果につながる仕事により多くの時間を使えるようにしたいと考えています。Slack AI の優れた機能が、それを可能にしてくれました」- Wayfairの従業員技術担当ディレクター Asad Rahman氏

「Slack AI を使えば、どのチャンネルの情報もすばやく正確に把握できます。従業員が手間のかかる情報収集をする必要がなくなれば、満足度や生産性の向上につながります」- Wayfairのエンタープライズソリューション シニアエンジニア Taylor Keck氏



Beyond Better Foodsは、主要なコミュニケーションプラットフォームとしてSlackを導入しています。ヘルシーなデザートブランドである同社のオペレーションチームは、Slack AIの強化された検索機能を活用してロジスティクス計画に必要な回答を迅速に把握し、特定のチャンネルの内容を要約で把握することにより、時間を節約しながら仕事の集中力を維持しています。
「Slack は当社にとってきわめて重要です。Slack AI による検索機能の強化は、特にロジスティクスに関する回答をいち早く得るのにとても役立っています。例えば、金曜の午後 2 時に CEO からすぐに質問に回答するよう求められた時、Slack AI の検索機能が役立ちます。Slack AIを使い始めてまだ1ヵ月ほどですが、すでに何度も迅速な回答の獲得に助けられており、少なくとも1日に30分は節約できています。まとめは非常に将来性のある機能です。毎日のダイジェストに、フルフィルメントの動向、やることリスト、ロジスティクスの計画など、自分に大きく関係する分野の情報がすべて正確に抽出されています」- Beyond Better Foodsのオペレーション担当VP Andy Kung氏



人材プロバイダーのProService Hawaiiの従業員は、Slack AIによる会話の要約機能を活用して、複数のミーティングに連続で出席した後でも、常に情報を把握し、遅れを取り戻せるようにしています。
「Slack AIで、曜日、週、月を選んでキャッチアップできるのは非常に有意義なことです。会議がいくつも続くような時には、会話の要約が大いに役立ちます。見逃していた情報も後から把握できるので、ほかのことに注力できます」- ProService Hawaiiのプロダクトオーナー Jason Morita氏



今後の展開:Slack AIの検索および要約機能は今後、アクセスできるコンテキストをさらに拡大させ、ファイル、Slackアプリ、canvas、クリップなどの新しいデータソースにも対応する予定です。例えば、Slackの簡単な音声・ビデオ通話機能であるハドルミーティング( (リンク ») )にもSlack AIが適用されると、ライブディスカッションの中から重要なポイントとアクションアイテムの要約を作成し、迅速に次のステップへ進むことができます。

また今後、Salesforce CRM向け対話型AIアシスタントであるEinstein Copilot( (リンク ») )との連携により、Slackはアシスタントの活用に最適なプラットフォームとなります。AIを活用したCRMのインサイトをSlackに直接取り込むことができるため、チームと会話するようにSalesforceのデータを簡単に活用することができます。

信頼とセキュリティ:Slack AIはSlackのインフラストラクチャ上で動作し、Salesforceと同様のセキュリティプラクティスとコンプライアンス基準( (リンク ») )に準じています。Slack AIの大規模言語モデル (LLM)は、Slack独自の仮想プライベートクラウド(VPC)でホストされており、顧客データは社内で保持され、その組織でのみ使用されます。顧客データが、直接的または間接的に他の顧客へのサービス提供目的で使用されることはありません。また、Slack AIがLLMのトレーニングに顧客データを使用することはありません。

価格と提供開始時期:
Slack AIは、すべてのSlack有料プランにおける有料のアドオンとして提供を開始しています。

Slack AIは、プロプラン、ビジネスプラスプランにてユーザーあたり月額1,200円(米国では10ドル)となります。

Slack AIは現在、英語、スペイン語、日本語で提供されており、今後さらに多くの言語に対応する予定です。



詳細情報:
Slack AIの詳細
( (リンク ») )

Slack AIにアクセスする
( (リンク ») )



Salesforceについて
Salesforceは#1 AI CRMです。CRM(顧客関係管理)+ AI + データ + 信頼を Einstein 1という一つの統合プラットフォームで実現することで、全く新しい方法で顧客とつながることを可能にします。Salesforceの詳細については、salesforce.com/jp をご覧ください。

将来予測に関する記述
本プレスリリースは情報提供を目的としています。導入をご検討中のお客様は、現在利用可能な機能に基づいて購入をご判断ください。現在提供されていない製品や機能の開発、提供時期については、Slack独自の裁量に委ねられ、変更となる場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セールスフォース・ジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]