SmartDB(R)、SaaS型ワークフロー市場で3年連続シェアNo.1を獲得(※1)

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2024-04-23 10:00

ERPフロントシステムなど大企業の高度な業務への対応でシェア拡大

 大企業向けクラウドサービスの株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、民間調査会社の株式会社テクノ・システム・リサーチ(本社:東京都千代田区、代表者:藤田 明良 、以下 テクノ・システム・リサーチ)の調査の結果、2023年におけるSaaS型ワークフローの市場において、業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)(スマートデービー)」が市場シェア32.3%でNo.1、従業員数1,000名以上の企業においては54.7%で圧倒的No.1(※1)を獲得したことを発表します。 なお、ドリーム・アーツではSmartDB(R)ユーザー企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)やデジタル化に関する取り組み事例を紹介するWebセミナー「デジタルの民主化DAY」を2024年6月18日(火)に開催します。
※1 テクノ・システム・リサーチ社「2023年SaaS型ワークフロー市場のメーカーシェア調査」より



[画像1: (リンク ») ]


■大企業からの支持により、SmartDB(R)がSaaS型ワークフロー市場シェアNo.1に
 テクノ・システム・リサーチの「2023年SaaS型ワークフロー市場のメーカーシェア調査」によると、2023年の全体市場シェアにおいてドリーム・アーツが32.3 %でトップシェアとなりました。 さらに、従業員数1,000名以上の大企業におけるシェアは54.7 %となり、次位の20.2%を大きく上回るかたちで3年連続のNo.1となりました。 なお、本調査はSaaS型ワークフロー市場の市場規模や、同サービスを提供する各社の動向を調査したもので、国内市場・BtoB 向けサービスが対象です。

■SmartDB(R)およびドリーム・アーツが選ばれる理由
 業務デジタル化クラウドSmartDB(R)は、高度なワークフローとWebデータベース機能を備え、大企業のあらゆる業務のデジタル化を支援するクラウドサービスです。
IT製品レビューサイト「ITreview」(※2)では、実際にSmartDB(R)を活用しているユーザーから次のような高い評価を受けており、SaaS市場全体で、ワークフロー、文書管理、ノーコードWebデータベースの3部門で同時にLEADER認定されています。
※2 ITreviewサイト: (リンク »)

【ITreviewでのSmartDB(R)に対するレビュー(抜粋)】

[画像2: (リンク ») ]

 また、ドリーム・アーツでは「デジタルの民主化」を提唱しており、SmartDB(R)を活用した業務部門(非IT部門)が主体となった自律的な業務デジタル化を支援しています。
 2024年3月のガートナージャパンの発表(※3) では、ビジネスとITのメンバーが共に課題解決に取り組む体制を構築できる企業では、カスタマイズを減らすことでパッケージ・アプリケーションの利用コストを抑えつつ、 タイムリーに新機能を活用してビジネス価値を実現しやすくなると提言。
 このことからも深い業務理解をもつ非IT部門の人材が自ら業務をデジタル化することで、業務要件への適合とスピードを両立できる「デジタルの民主化」は重要であると言えます。
※3 プレスリリース: (リンク »)

SmartDB(R)は部門個別業務から全社横断業務まであらゆる業務をデジタル化できる機能を持っています。 業務部門主体で容易に開発できるUI/UX、充実の業務テンプレート、大企業特有の緻密な権限制御への対応などが高まる「デジタルの民主化」の市場ニーズにマッチし、顧客に評価されているポイントです。
[画像3: (リンク ») ]


【SmartDB(R)で実現できる業務アプリの例】
[画像4: (リンク ») ]

 さらに、2023年には新テーマとして「MCSA(ミッション クリティカル システム エイド(※4))」を掲げており、SmartDB(R)を活用して、企業や組織の存続に 欠かせない業務を遂行するうえで重大なシステムであるMCS(ミッション クリティカル システム(※5))を支えています。
 2023年9月には株式会社日本経済新聞社がERP フロントシステムとして財務会計にまつわる経理業務のデジタル化に活用、同年10月には株式会社ダスキンが会計業務のフロントシステムとして活用を開始しています。
※4「ミッションクリティカル領域のシステム(MCS)を実践的に支える」というドリーム・アーツのコンセプトやシステムそのものを指す。
※5「Mission(任務・使命)」と「Critical(危機的な・重大な)」を掛け合わせた語。 企業や組織の存続に欠かせない、業務を遂行するうえで重大 なシステムを指す。


■「デジタルの民主化」普及のためのイベントを開催
 ドリーム・アーツでは、さらなる「デジタルの民主化」の普及と、大企業におけるデジタル活用の加速を目的に、SmartDB(R)ユーザー企業による先進事例をご紹介するイベントを開催します。

【イベント概要】
[表: (リンク ») ]


 ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。


[画像5: (リンク ») ]





SmartDB(R)(スマートデービー)について  (リンク »)
SmartDB(R)は、大企業市場シェアNo.1(※6)の業務デジタル化クラウドです。 現場個別の業務から全社横断業務までノーコードで開発可能。 ワークフローとWebデータベースを中心に多彩な機能をもち、柔軟な外部システム連携、きめ細かな権限管理、高度なセキュリティ要件にも対応しています。 三菱UFJ銀行や大和ハウス工業、立命館大学など、大企業を中心にあらゆる業種業態のお客様が利用中です。 サービス基盤としてマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。
※6 テクノ・システム・リサーチ「2023年 SaaS型ワークフロー市場メーカーシェア」より

MCSA(ミッション クリティカル システム エイド)について 
ドリーム・アーツの掲げる「ミッションクリティカル領域のシステム(MCS)を支える」というコンセプトのこと。 Support(サポート)ではなくAid(エイド)という表現を使用している理由は、Aidという言葉が「困難な状況にある人や組織を実践的に助ける」という意味を含むためであり、「BD(ビッグドーナツ)領域の業務デジタル化」に取り組む姿勢を示しています。 MCSは、企業や組織の存続に欠かせない業務を遂行するうえで重大なシステムです。 財務会計システム、人事労務システムなどが業種を問わず該当しますが、業種特有のMCSには金融機関の勘定系システム、製造業の生産管理システム、鉄道会社の運行管理システムなども挙げられます。 MCSAの代表例にはこれらMCSを支える、ERPフロントシステムや契約管理業務や、現場期間業務システムとして工程管理システムなどが該当します。

【SmartDB(R)で実現するMCSAと一般的な業務の例】
[画像6: (リンク ») ]


株式会社ドリーム・アーツについて  (リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。 「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。 大企業向け業務デジタル化クラウドSmartDB(R)、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]