セイコーソリューションズが購買DXソリューション提供開始 ―集中購買を支援し、購買・調達業務の効率化・自動化・コスト削減を実現―

セイコーソリューションズ株式会社

2024-05-09 10:00

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳 本社:千葉市美浜区 以下 セイコーソリューションズ)は、2024年7月1日より購買・調達業務の効率化・自動化、コスト削減を実現する購買DXソリューションの提供を開始します。

セイコーソリューションズの購買DXソリューションは、ジーニーラボ株式会社(代表取締役社長:米谷 雅之 本社:東京都港区)から購買クラウドサービス「ジーニー2.0」(以降、「ジーニー2.0」)のOEM供給を受け、「ジーニー2.0」の購買クラウドサービスとSAP S4/HANAなどの基幹システムや法人向けECサイトとの連携、ユーザーの固有な要件に対応するカスタマイズ開発など、トータルソリューションとしてサービスを提供し、大手企業の購買(調達)業務のニーズに応えてまいります。

ジーニーラボは、大手企業向けの間接材購買システムの提供を2017年から始め、大手企業の間接材集中購買化に呼応し、抜群に使いやすくわかりやすいUIと操作性を特長に、ユーザーの調達コスト、業務工数の両面でコスト削減をサポートしています。

■「ジーニー2.0」について
購買業務におけるこのような課題を解決します。

特長
<日本企業に最適なシステム>
・日本人の感性に合ったUI、操作性で、抜群にわかりやすく使いやすい購買システムです。
・電帳法、インボイス制度など日本の法令に的確に対応した購買システムです。
・徹底的に使いやすさわかりやすさにこだわり、効率化・自動化により購買業務の生産性を高め、労務コストの削減に寄与します。

<購買業務を効率化する特徴的な機能>
・ジーニーラボが2019年に特許を取得した「横串検索機能」は、外部カタログ・内部カタログをリアルタイムに横断検索し、検索結果を瞬時に価格の安い順に並べ替える機能を持ち、最適購買を実現します。
・内部カタログのカタログ情報をサプライヤが登録し、購買部門が内容を確認して承認・掲載する機能により、購買部門の負担を軽減します。
・見積購買では、見積依頼/回答テンプレート機能により、役務サービスなどのシステムに乗せにくい品目をシステムで見積もり購買できるように強化、またサプライヤへの見積依頼が容易に行え、統一された形式でサプライヤからの見積回答の内訳を比較することができます。
・見積依頼先の候補を品目と納品場所に応じてシステムが自動リコメンデーションするので、属人性を排した見積購買が行えます。

製品詳細URL: (リンク »)

セイコーソリューションズは、今後も複合化するお客様のニーズに対して、コンサルテーションからシステム構築、運用管理まで最適なソリューションをワンストップで提供し、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援してまいります。

【ジーニーラボ株式会社について】
名     称:ジーニーラボ株式会社
所  在  地:東京都港区六本木一丁目9番10号 アークヒルズ仙石山森タワー25F
U  R  L: (リンク »)
設     立:2015年7月
代表取締役社長:米谷 雅之

※本文中に記載されている製品名などは各社の登録商標または商標です。

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 DXソリューション本部
 担当:守谷   tel:03-6779-8954  e-mail:info.purchase@seiko-sol.co.jp

報道関係の方からのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 マーケティングコミュニケーション部
 担当:安井   tel:03-6779-8952  e-mail:pr-center@seiko-sol.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

「ジーニー2.0」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイコーソリューションズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]