JBS、「Copilot for Microsoft 365」を活用できるようになるコミュニティ支援サービスをリリース

日本ビジネスシステムズ株式会社

From: PR TIMES

2024-05-09 16:16

~初心者もすぐ始められる、プロンプト生成アプリや基礎トレーニングを提供~

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘、以下「JBS」、証券コード:5036)は、本日、「生成 AI コミュニティ支援」サービスをリリースしました。「Microsoft Copilot for Microsoft 365」(以下「Copilot for Microsoft 365」)をはじめ、生成 AI を実務に活かしきれないと悩む企業に向けた、ユーザー自走型のコミュニティ支援サービスです。



[画像: (リンク ») ]

生成 AI は、あらゆる業務への活用が可能な一方で、具体的な方法を記した取扱説明書のようなものは存在しません。どのような活用方法があるかを知り、実際に使い、工夫していくことの繰り返しを通じて、業務において生成AIの価値を最大限に活かすことが可能になります。そこで、企業の「Microsoft Teams」(以下「Teams」)に作成されたコミュニティ(=チーム / チャネル)の中で、ユーザー同士が有益な活用方法や成功体験を共有、助け合いながら、JBS がプロンプト生成などのさらなる生成 AI 活用を支援し、皆さまが「Copilot for Microsoft 365」を習得するサポートを行います。

ヘルプデスクの新しい形として、ユーザー自らが「Teams」にアクセスして調べ、学ぶことができる自走型となっており、一人ひとりの成功体験の共有を通じ、結果的に組織全体での生成 AI 活用推進を目的としています。

なお JBS は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、以下「日本マイクロソフト」)が「Copilot for Microsoft 365」の一般提供に先行して実施した検証プログラムに参加し、社員が実際の業務に「Copilot for Microsoft 365」を活用するなど、技術的な検証を重ねた実体験による学びを「Copilot NAVI(※1)」やこの度の「生成AIコミュニティ支援サービス」に反映しています。
(※1)Copilot NAVI: (リンク »)

「生成AIコミュニティ支援」提供サービス内容


1. コミュニティ活性化の支援
JBS 生成 AI エンジニアがお客さまのコミュニティに参加し、後方から生成 AI コミュニティの活性化を支援します。解決できていない問い合わせなどを中心に、回答のフォローを行います。

2. プロンプトアシスタントの提供
実務ですぐに生成 AI を活用できる、プロンプトを生成するアプリを提供します。
業務内容ごとに必要な項目を選択、入力するだけで、精度の高い回答を生成 AI から得るための適切なプロンプトを入手することが可能です。

3. カスタムプロンプト提供
お客さまの個別リクエストに沿って新しくプロンプトを作成します。上記のプロンプトアシスタントとは異なり、お客さまの実務に直結するプロンプトを入手できるため、固有の業務の効率化につなげることができます。

4. プロンプトエンジニアリング基礎トレーニング
生成 AI 利用においては、すべてのユーザーが基礎的なプロンプトエンジニアリングを理解しておくことが大切です。初心者でも抵抗なく利用できるよう、Q&A を含めた座学トレーニングを提供します。

今後も JBS は、マイクロソフトをはじめとするパートナーとの強力な連携を通じて、技術革新がもたらす企業・社会の持続的成長に貢献できる企業であり続けたいと考えています。

プロンプトサポートを核とした「生成 AI コミュニティ支援」サービスについて


・サービス名: 生成 AI コミュニティ支援
・サービスページURL:  (リンク »)
・サービス概要: 「Teams」コミュニティでの問い合わせ対応、プロンプトアシスタントの提供、
 企業ごとのカスタムプロンプトのリクエスト、プロンプトエンジニアリング基礎トレーニング
・提供価格:  初期費用 ¥ 1,800,000 -、月額 ¥ 350,000 ~(税込)
・サービスリリース: 2024年5月9日

「生成 AI コミュニティ支援」のお問合せは以下のフォームよりお申込みください。


Copilot についてのお問い合わせ: (リンク »)

参考:JBS の AI の取り組み


JBS では 2020年より AI 技術の活用促進を目的とした「AI-Lab」の活動に取り組んでいます。日本マイクロソフトやはこだて未来大学と提携し、AI の技術連携、実証実験、活用用途の開発などを通じて、AI 時代をリードするエンジニアの育成と体制づくりを行ってまいりました。早期からの取り組みで得た知見を社内での生成 AI 活用に取り入れ、自らの経験を“リアルショーケース”としてお客さまの課題解決に反映しながら、実証された技術を「アイプリシティ チャット(※2)」「Copilot NAVI」などのサービスにまとめ、広く展開しています。”優れたテクノロジーを、親しみやすく”を Mission とする JBS として、”安心して活用できる生成 AI ”を皆さまへお届けし、社会の成長に貢献してまいります。
(※2)アイプリシティ チャット: (リンク »)

日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)について


■会社概要
代表者:代表取締役社長 牧田 幸弘
設立:1990年10月4日
社員数(連結):2,547名(2023年9月30日現在)
URL: (リンク »)

■事業概要
「優れたテクノロジーを、親しみやすく」を Mission とし、マイクロソフトをはじめとするクラウドソリューションに強みを持つ JBS は、コンサルティングからソリューション導入・運用・利活用に至る一連のご支援を通じて、お客さまのクラウド活用力向上と社会のデジタル変革に貢献します。
・日本マイクロソフトが選出する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー」を 2013年より連続受賞(2023年は Dynamics 365 Services アワードと Solution Partner Capability アワード)
・マイクロソフト Azure Expert マネージド サービス プロバイダー(MSP)認定
・マイクロソフト ソリューション パートナー認定(5カテゴリーのバッジ保有)

※Microsoft 365、Microsoft Team は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
※Microsoft 365 は、Microsoft Corporation が提供するサービスの名称です。
※記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
※本リリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]