松岡功の「今週の明言」

ニュータニックスは日本市場でどのようにビジネスを拡大していくのか

松岡功

2023-11-24 11:00

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉を幾つか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、ニュータニックス・ジャパン 代表執行役員社長の金古毅氏と、日本ビジネスシステムズ 代表取締役社長の牧田幸弘氏の「明言」を紹介する。

「ハイブリッド/マルチクラウドをシンプルに実現できる」
(ニュータニックス・ジャパン 代表執行役員社長の金古毅氏)

ニュータニックス・ジャパン 代表執行役員社長の金古毅氏
ニュータニックス・ジャパン 代表執行役員社長の金古毅氏

 米Nutanixの日本法人ニュータニックス・ジャパンは先頃、今後の事業方針について記者説明会を開いた。日本法人社長で米国本社コーポレートバイスプレジデントも兼務する金古氏の冒頭の発言はその会見で、Nutanixが提供するソリューションの最大の特長について述べたものである。

 2009年創業のNutanixは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)分野の草分けとしてハードウェアも手掛けてきた経緯があるが、元来ソフトウェアメーカーを指向していた。今ではHCIの管理ソフトウェアを進化させたハイブリッド/マルチクラウド構築・運用プラットフォーム「Nutanix Cloud Platform」を中心にビジネスを展開している。

 同社が先頃発表した2023年度(2023年7月期)の売上高は18億6000万ドルで、前年度比18%増と伸長した。2024年度(2024年7月期)は20億8500万~21億1500万ドルの見通しだ。同社 最高経営責任者(CEO)のRajiv Ramaswami(ラジブ・ラマスワミ)氏は2023年度の業績について、「成長と収益性のバランスのとれたものであり、当社のバランスシートはより強固になった。今回の業績発表に関連し、当社取締役会により、最大3億5000万ドルの自社株買い戻しが承認されたことも発表する。これは、当社の長期的な市場機会と業績見通しへの自信の裏付けである」とのコメントを寄せた。一時期、売却話もうわさされただけに、この経営トップのコメントによって同社の今後の成長を期待する気運が高まりそうだ。

 2022年6月に日本法人の経営トップに就任した金古氏は会見で、日本においての2024年度の事業戦略として図1に示すように4つの重点領域を挙げ、次のように説明した。

(図1)日本の2024年度の事業戦略における4つの重点領域(出典:ニュータニックス・ジャパンの会見資料)
(図1)日本の2024年度の事業戦略における4つの重点領域(出典:ニュータニックス・ジャパンの会見資料)

 「この4つの重点領域は2023年度から継続した内容だが、ここにきてソリューションが一段と強化され、Nutanix Cloud Platformがお客さまのお役に立てる領域が大きく広がってきている。サイロ化した複数のクラウドを無理やり束ねるのではなく、クラウド全体をオンプレミスやエッジも含めてシンプルかつ効率的に1つのプラットフォームとして運用する。そして、その上で動いているアプリケーションはもちろん、アプリケーションが利用しているデータも自在にあらゆる場所から提供できる。そうした真のハイブリッドクラウド/マルチクラウドを実現するためのデータ中心のプラットフォームとして、Nutanixはお客さまのビジネスを支えてきたい」

 同社がここ数カ月の間に発表したソリューションとして目を引くのは、今話題の生成AIを活用できるようにした「Nutanix GPT-in-a-Box」、Ciscoとの提携によるハイパーコンバージドソリューション「Cisco Compute Hyperconverged with Nutanix」、そして今回の会見で日本での動きとして明らかにした、Microsoftとの提携による「Nutanix Cloud Clusters on Microsoft Azure」(NC2 on Azure)の日本リージョンでの提供開始だ。NC2 on AzureはNutanix Cloud PlatformをMicrosoft Azure上で利用できるようにしたソリューションである。

 金古氏は説明の最後に図2を示しながら、「Nutanixだけがハイブリッド/マルチクラウドをシンプルかつ効率的にできる」と改めて強調した。最大のキーワードは「シンプル」だ。ただ、この分野はまさしく激戦市場だ。どういう形で顧客拡大を図っていくか。同氏の手腕に注目していきたい。

(図2)Nutanixの特長(出典:ニュータニックス・ジャパンの会見資料)
(図2)Nutanixの特長(出典:ニュータニックス・ジャパンの会見資料)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]