川崎汽船、「ChatGPT」導入コンサルティングサービスを導入

NO BUDGET

2023-08-30 06:45

 日本ビジネスシステムズ(JBS)は、川崎汽船が「アイプリシティ チャット Powered by ChatGPT API(アイプリシティ チャット)」を導入したと発表した。

 アイプリシティ チャットは、「Microsoft Azure OpenAI Service」を活用したJBSのサービスで、GPT(Generative Pre-trained Transformer:マルチモーダル大規模言語モデル) 関連技術の導入に対するさまざまな課題を解決するコンサルティングサービスと、機密情報の漏えいリスクを回避した専用の「ChatGPT」アプリを提供する。

 同サービスではMicrosoft Azure OpenAI Serviceを活用することで、入力した情報を二次学習には利用せず、クローズドな環境でチャットデータがユーザーの「Azure」テナント内に蓄積される仕様になっている。

 川崎汽船では、生成AIの利用に関するガイドラインを作成、全社公開し、入力データおよび出力データのリスクを周知し注意を促しながら使用している。同社は今後、AI 活用においてさまざまな角度から議論をし、サービス自体の検証も重ねながら、アイプリシティ チャットを継続的にバージョンアップしていく予定だという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]