配送業界に新たな価値を生み出すビジネスモデル「代走屋」

株式会社K'sRing

From: PR TIMES

2024-05-17 21:40

~2024年問題に先行して取り組み、業界の課題にタイムリーにソリューションを提供~



[画像: (リンク ») ]

株式会社K’s Ring(本社:神奈川県横浜市西区 掛田治人社長)は、他社に先駆け「物流における2024年問題」に対応した「代走屋」という独自のサービスでソリューションを提供しています。
代走屋というビジネスモデル
私たちの生活に欠かせない宅配インフラの活性化として生まれたのが「代走屋」というビジネスモデル。宅配の荷物には送り主の夢や想いがこもっています。そして、配達先には荷物を楽しみに待つお客様がいらっしゃいます。「代走屋」は、そうした大切な荷物をお客様に滞りなくお届けするために、宅配事業者様から宅配業務を1日単位で引き受け代走するサービスです。そこで重要な役割を果たすのがドライバーです。ドライバーの仕事は単に荷物を配達するだけでなく、お届けをとおして送り主様の大切なお気持ちをおつなぎする仕事です。ドライバーへの信頼が運送業ブランドへの信頼につながります。
■2024年問題に対応する「自由で柔軟な物流×代走専属ドライバーの共有」
代走屋は運送業界ではこれまでになかったフレキシブルな働き方「自由で柔軟な物流×代走専属ドライバーの共有」を上位概念としてその存在意義を模索しました。ラストワンマイルを担う軽貨物業の救世主になるシステムを提供し、代走屋は新しい働き方の出来るビジネスモデルで新たな価値を生み出します。その結果として、依頼者の課題を解決するソリューションになり、そのニーズに対応する品質の良いドライバーをマッチングするサービスを提供。みんなで「人を幸せにする自由な空間づくり」に向けて新たな価値を創造することを目指します。
■WEBによる受発注マッチング・プラットフォーム「代走屋」
ドライバーは、代走屋のマッチングサービスを使い自分の希望にあった仕事を受託。割り振られる仕事でなく、自分自身で配送エリア、運送業ブランドを選ぶことで、委託元のドライバーとしての自覚をもち業務にあたることができます。

“代走屋“WEBサービス提供について
・オンライン受発注「代走屋マッチングサービス」:自分の条件にあう仕事を選べる。
・配送ルートアプリの提供「配送ドットコム」:
       初めてのルートでもスムーズに配送が可能。(2024年8月実装予定)
■競合他社との違いから見る代走屋の強み
顧客からみると、宅配業を選択する際の基準は、積載トン数や車種、台数くらいしかわからないかもしれません。「どこの運送会社でも良い」、「コストパフォーマンスの高い会社が良い」という経済的な効率のみを求める傾向にあるのではないでしょうか。しかし、業務を請負、商品事故がないことが「当り前」ではなく、なぜ、「代走屋」が商品事故やお客様からのクレームが起きないか、「代走屋」が指示される理由を

代走屋の強み
1)宅配業務に対応しているマッチングプラットフォーム。
2)ドライバー研修システムを持ち、プレミアムドライバーを育成。
3)ドライバーの品質をレビューで確認できる。
4)カレンダー機能があり、ドライバーのスケジュール管理が可能。

株式会社K’s Ring
広報事業部プロダクトマネージャー 溝口恭平
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島1-2-5
TEL: 045-900-9331
Mail:k.mizoguchi@ks-ring.co.jp
URL: (リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]