Slash Fintechが、「Slash Vプリカ SHOP」の運営を開始!暗号資産決済でのVプリカ購入でSlash Genesis NFTをプレゼント

Slash Fintech

From: PR TIMES

2024-05-19 23:40



Slash Fintech Limited(本社:British Virgin Island、代表取締役社長 佐藤伸介、以下「当社」)は、ライフカード株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:増井啓司)が発行するVisaプリペイドカード「Vプリカギフト」を購入できる「Slash Vプリカ SHOP( (リンク ») )」の運営を開始し、それを記念し、暗号資産決済「Slash Payment」でのVプリカ購入でSlash Genesis NFTをプレゼントするキャンペーンを開催することをお知らせいたします。
[画像1: (リンク ») ]

Slash Vプリカ SHOPについて


当社では、暗号資産の決済手段としての普及を目指し、主にアジア市場において暗号資産決済「Slash Payment」の導入をこれまで推進してきました。


暗号資産決済「Slash Payment」は、現在、Mantle Network、BNB Chain、Polygon、Avalanche、Astar、Arbitrum One、Optimism、Oasys、Ethereumの9種類のブロックチェーンに対応しており、「Slash Vプリカ SHOP」においては、ステーブルコインや各ブロックチェーンのネイティブトークンをはじめとして、さまざまな暗号資産でVプリカを購入することができます。


このように暗号資産を決済手段として利用できるインフラが整備されることで、デジタルな価値の移動がなめらかになり、クリプトと従来的なビジネスが統合された新しいエコシステムの創出が期待されます。


「Slash Vプリカ SHOP」では、1万円からVプリカを購入することができ、日常的な買い物で暗号資産を利用する機会を創出することで、日本の暗号資産市場の発展に貢献することを当社は目指しております。


また、「Slash Vプリカ SHOP」をより多くの人にご利用いただけるように、当社では、暗号資産決済「Slash Payment」で Vプリカをご購入いただいたユーザー様を対象にNFTを付与するキャンペーンを開催いたします。


Vプリカギフトとは


Vプリカギフトは、ライフカード株式会社が発行するVisaギフトカードです。
Slash Vプリカ SHOPで購入できるVプリカギフトはメールやSMSで送れる「コードタイプ」のデジタルギフトです。余った残高については、Vプリカアカウントを登録し、残高移行(加算)することで利用可能になります。


Vプリカとは


Vプリカは特別な審査無しでご利用いただける「Visaプリペイドカード」です。インターネット上のVisa加盟店なら、世界中どこでもクレジットカードと同じようにご利用できます。アカウント登録すればリアルカードも発行でき、実店舗でも使えるようになります。
また、SlashVプリカSHOP運営開始日である2024年5月15日(水)より、Vプリカは大幅な商品リニューアルを行い、”繰り返しチャージ“ができる商品”に生まれ変わります。
乞うご期待ください。

ご利用の用途により選べる4タイプ。ご利用スタイルによってお選びください。VプリカギフトからVプリカへのチャージが可能です。

※Vプリカアカウント開設(無料)が必要です。


[画像2: (リンク ») ]

Slash Vプリカ SHOP 利用方法

1 Slash Vプリカ SHOP( (リンク ») )にアクセスし、ページの下部に進みます。(もしくは「Buy」をクリック。)


[画像3: (リンク ») ]



2 金額と枚数、メールアドレスを入力し、「Buy」をクリックするとメールが送付されます。


[画像4: (リンク ») ]



3 件名に「[Slash]支払いURLが発行されました」と記載されたメールが届きます。「購入する」ボタンをクリックするとSlash Paymentの決済画面に遷移します。


[画像5: (リンク ») ]


4 Slash Paymentの決済画面で暗号資産ウォレットを接続します。

[画像6: (リンク ») ]

5 保有している暗号資産を選択します。

[画像7: (リンク ») ]

6 最適なレートが表示されるので「Pay」をクリックすると決済が開始されます。

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]

7 Slash Payment上で決済が完了すると、Vプリカの認証番号とカード番号が記載されたメールが先ほどのメールアドレス宛に届きます。

[画像10: (リンク ») ]

【Vプリカギフト利用方法】
Vプリカギフトページへアクセスして、カード情報を照会することができます。

(リンク »)

[画像11: (リンク ») ]

また、スマホアプリからもご利用いただけます。

URL: (リンク »)

【Vプリカアカウント登録方法】

アカウント登録ページへアクセスします。

(リンク »)


1 同意事項、約款・規約を確認し、「次へ」をクリック

[画像12: (リンク ») ]


2 メールアドレスを登録し、送られてくる認証番号を入力


[画像13: (リンク ») ]

[画像14: (リンク ») ]


3 電話番号を登録

[画像15: (リンク ») ]



4 Vプリカギフトのデザインを選択

[画像16: (リンク ») ]



5 お客さま情報を入力し、アカウント登録を完了

[画像17: (リンク ») ]

[画像18: (リンク ») ]

[画像19: (リンク ») ]

【Vプリカギフト利用方法】アカウント登録からマイページでのチャージ方法について

(リンク »)

Slash x Vプリカ Genesis NFT(SBT)キャンペーンについて
暗号資産決済「Slash Payment」を利用して、「Slash Vプリカ SHOP」で1万円以上の決済をしたユーザーは、「Slash x Vプリカ Genesis NFT(SBT)」をゲットすることができます。


URL: (リンク »)


「Slash x Vプリカ Genesis NFT(SBT)」は、「Slash Vプリカ SHOP」に暗号資産決済「Slash Payment」が導入されたことを記念する特別なNFTとなっております。


・日時:2024年6月末日終了予定(UTC+9)
・条件:「Slash Vプリカ SHOP」で1万円以上の決済


※1つのウォレットアドレスに対して1つの「Slash x Vプリカ Genesis NFT(SBT)」のみとなっており、入金から3営業日後にClaimが可能となります。

Slash Fintech Limited について

Slash Vision Labsは、Slash PaymentとSlash Cardの2つのプロダクトを開発・提供しています。暗号資産決済Slash Paymentは、2022年8月より提供を開始し、Mantle Network、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Avalanche、Astar、Arbitrum One、Optimism、Oasysなどの各ブロックチェーンに対応しており、これまで1億8,000万ドル以上のGMVを記録。

Slash Cardは、日本の法規制に準拠したステーブルコインを裏付けとしたクレジットカードであり、法定通貨と暗号資産のエコシステムをシームレスに統合する架け橋として、日常的な買い物に暗号資産を活用するインフラの提供を目指しています。(2024年Q4に提供開始予定)

ガバナンストークン「Slash Vision Labs Token(SVL)」は、Mantle Network上に発行され、2024年4月に「Bybit」「Zoomex」など海外の暗号資産取引所に上場。Slashエコシステムにおいては、Slash PaymentやSlash Cardの手数料収益の100%をMantle Networkのネイティブトークン「MNT」の買い上げに使用し、SVLをステーキングすることによって付与されるSVL TimeLock NFTの保有者にステーキング報酬として「SVL」や「MNT」は分配されます。

このように当社では、暗号資産を活用した決済手段の普及やトークノミクスの社会実装によって、クリプトによるなめらかな価値移動が可能な社会の実現を目指しており、IVSやWebXにおけるブース出展など、今後も国内外における積極的な事業展開を予定しています。

Slash Fintech Limited 会社概要

企業名:Slash Fintech Limited(British Virgin Island)
所在地:4th Floor, Water’s Edge Building, Meridian Plaza, Road Town, Tortola, British Virgin Islands VG1110.
代表:代表取締役社長 Shinsuke Sato
設立:2021年11月23日
Slash Payment: (リンク »)
Slash Vision Labs: (リンク »)
Slash Vision Portal: (リンク »)
Slash Vプリカ SHOP : (リンク »)
White Paper: (リンク »)
X: (リンク »)

Vプリカギフトとは

Vプリカギフトは、ライフカード株式会社が発行するVisaギフトカードです。Slash Vプリカ SHOPで購入できるVプリカギフトはメールやSMSで送れる「コードタイプ」のデジタルギフトです。余った残高については、Vプリカへチャージしてご利用いただけます。


Vプリカ公式ホームページ
(リンク »)

VプリカOnline SHOP
(リンク »)

ライフカード会社概要

ライフカードは「Be Unique!」という「唯一、独自、類のない」枠にはまることのない斬新な発想力で、独自のユニークな商品・サービスを提供します。皆さまのニーズにお応えすべく、クレジットカード事業を中心に、プリペイドカード事業、集金代行事業など、さまざまな決済事業を展開しております。

2023年には、さまざまな業種との提携カード発行や、法人・個人事業主さま向けビジネスカードの拡販など、新たなサービス・付加価値の創造に積極的に取り組んでおり、引き続き、お客さまのニーズとライフスタイルにお応えしてまいります。


会社名:ライフカード株式会社
代表者:代表取締役社長 増井 啓司
所在地:〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20
設立:2010年7月29日
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]