CBA、高品質で高精度なAI音声ソリューションプロバイダーのNamiTechとリセラー契約を締結

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

2024-05-21 10:00

2024年5月2日、株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(本社:神奈川県横須賀市、CEO: 柴山浩、以下CBA)は、AI音声ソリューション・プラットフォームプロバイダーのNami Technology(本社:ベトナム、ホーチミンシティー、CEO: Lam Nguyen氏​、COO: Tetsuya Mori氏、以下、NamiTech)と、同社プロダクトに関してリセラー契約を締結し、日本語STTや感情分析等、AIをベースとした音声周りの課題に向けたソリューション提供を開始しました。AI技術やAI信号処理、そして自然言語処理を専門とした研究チームを擁するNamiTech社のAI音声技術ソリューションが、CBAを通じて日本国内でも展開されることになります。

◼️概要

スマートデバイスの普及が著しい昨今、消費者と企業のコミュニケーションは日常生活レベルにおいても急激に変化しています。特に、非対面コミュニケーションの必要性を浮き彫りにしたコロナ禍を経て、企業と消費者間コミュニケーションは劇的に変化してきました。「音声」の持つ可能性は単なるコミュニケーションの手段にとどまらず、本人確認やVOC(Voic of Customer)解析、感情分析など、企業による音声データの活用は多岐にわたる広がりを見せており、顧客体験にこれまでにないほど大きな変化をもたらしています。しかしこれまで、コンタクトセンターなどに代表されるような顧客接点において、センターのオペレータと顧客間のコミュニケーションをデジタル化して分析するには、大きな技術的課題が存在していました。

こうした背景においてNamiTech社は、企業が直面するこうした技術的課題を解決する、AIを活用した革新的な音声ソリューションを提供しています。ノイズに強く、高精度な音声認識を実現することにより、企業と顧客のコミュニケーションを新たな次元に引き上げるだけでなく、音声データ活用という新たな分野を切り拓くNamiTech社のソリューションは、生産性や顧客満足度の向上、サービスレベルの改善、運用コストの節約に大きく寄与します。このほど締結したリセラー契約により、確かな技術力に定評のあるNamiTech社のソリューション、そしてその魅力的なソリューションをベースとした音声AIプラットフォームを、CBAが日本国内で展開することが可能となりました。本リセラー契約により、顧客理解の一層の促進、顧客サービスの品質の向上、そして顧客満足度の高い顧客・企業間コミュニケーションを構築できるようになります。

NamiTech社のソリューションは、次の点で非常に優れた特長があります。

・ノイズに強い高品質な自然言語処理(NLP)と自動音声認識(ASR)
・欧米ではなくアジア発の、日本語に強いSTT
・高精度で迅速な声紋認証
・強力なノイズ制御による高品質な音声コミュニケーション


◼️今後の展望

この度のリセラー契約の締結により、CBAはNamiTechとのコラボレーションを通じてさらなる市場の拡大と技術革新を推進します。企業と顧客のコミュニケーションにおける生産性向上やAI導入のコンサルティングに強みを持つCBAの広範なネットワークとNamiTechの優れた技術が融合することで、多くの企業が直面するコミュニケーションの課題を解決し、AI時代にふさわしい、企業が「今」必要としている音声AIソリューションを提供していきます。そして、最先端の音声AI技術を通じて、企業のデジタルトランスフォーメーション・AI技術活用の最適化を支援し、より優れた顧客体験の創出を目指します。

◼️Nami Technology社(NamiTech)について

ベトナム発の先進的なAI音声ソリューション企業のNamiTech社は、AI信号処理と自然言語処理を背景とする最先端の研究チームを擁しています。2021年1月、ベトナム最大のITコングロマリットであるFPT Corporationからのスピンオフとして設立されました。主要なソリューションとして、CrystalSound(AIノイズ削除・低減ソリューション)、VoiceDNA(高精度の声紋認証ソリューション)、NamiSense(NLPとASRをベースとした通話分析ソリューション)を提供しています。NamiTech社はこれからも、最先端の音声AI技術を通じて、企業・顧客間コミュニケーションを新たなレベルへと引き上げ、より良い顧客体験の創出を目指していきます。

◼️株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(CBA)について

CBAは、幅広いプラットフォームの自動化とソリューションを可能にする、非上場の総合的なコミュニケーションソリューションインテグレーターおよびサービスプロバイダーです。最先端のオムニチャネル、AI技術、その他のソリューションを導入し、数々のビジネスコミュニケーションにおける課題を解決するイノベーションを実現します。CBAは、常に親切でホスピタリティに溢れることを使命とし、お客様のビジネスの大きな成長を実現するためのテクノロジーとビジネスメソッドを提供します。

2006年の設立以来、世界35ヶ国、900社以上のお客様に最新のコミュニケーション技術を提供し、サポートしてきました。オンプレミス、クラウド、モバイルアプリケーション向けのWebRTCマルチメディアソリューションを含む専門知識と、没入感の高い包括的なクラウドコンピューティングソリューションを活用し、あらゆる業界のコミュニケーションニーズに対応するソリューションを提案しています。詳細は (リンク ») をご覧ください。

◼️問い合わせ先

CBAでは、コンタクトセンター・ソリューションや業務効率化、AI導入等のコンサルティングを展開しております。お問い合わせは下記までお気軽にお寄せください。

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
担当者:マーケティング部・堤 健輔
TEL:046-821-3362(代表)
Email: marketing@cba-japan.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]