アグリツーリズム市場、2032年に1,766億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-05-23 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「アグリツーリズム市場レポート:観光客タイプ、アクティビティ、予約チャネル、販売チャネル、地域別、2024-2032」(IMARC Group)の販売を5月22日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界のアグリツーリズム市場は、2023年に656億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は11.45%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2032年には1,766億米ドル規模に達すると予想されています。

アグリツーリズムは、観光客を楽しませ、レクリエーションすることを目的に、農業生産・加工活動と観光を融合させた商業事業です。アグリツーリズムは、農家に副収入を得る機会と、消費者への直接販売の道を提供します。また、地域社会にとっては、地元の税収を増やす可能性もあります。このほか、農地の保護や州の事業開発にも役立ちます。現在、アグリツーリズムは、農村経済を活性化し、農業について一般大衆を教育し、地域住民に雇用機会を提供するという理由から、世界中で絶大な支持を得ています。

市場の動向
現在、農家は競争上の優位性を獲得し、農場と農業ライフスタイルの独自性を活用するため、アグリツーリズムを導入するケースが増えています。これは、農村開発への注目の高まりと相まって、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。さらに、アグリツーリズムは、釣り、収穫祭、乗馬、野生動物の写真撮影、農場でのアウトドアステイ、ワゴンやそりへの乗車、羊の毛刈り、農場の作物を使った料理教室、ガイド付き動物ツアー、歴史再現など、さまざまな農場での活動を提供形態としています。このほか、結婚式や集会、個人的なパーティーなどのイベントでの農場の利用もかなり増えています。これは、世界各国でアグリツーリズム活動への参加が増加していることと相まって、市場の成長を促進しています。このほか、農村のライフスタイルに魅了された観光客は、農場を訪れながら本物の農産物やサービスを購入しています。これは、ピック・ユア・オウン・フルーツ活動の牽引力の高まりとともに、今後数年間で市場に明るい展望をもたらすと予測されています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]