光ファイバーの世界市場

株式会社グローバルインフォメーション

2024-05-24 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「光ファイバーの世界市場」(Global Industry Analysts, Inc.)の販売を5月24日より開始いたしました。
【当レポートの詳細目次】
(リンク »)

光ファイバーの世界市場、2030年には115億米ドルに達する見込み

2023年に64億米ドルと推定される光ファイバーの世界市場は、2023年から2030年にかけてCAGR 7.7%で成長し、2030年には115億米ドルに達すると予測されます。本レポートで分析したセグメントの1つであるシングルモード光ファイバーは、CAGR 7.8%を記録し、分析期間終了までに89億米ドルに達すると予測されます。マルチモード光ファイバーセグメントの今後8年間のCAGRは7.3%と予測されます。

米国市場は8億4,380万米ドルと推定、中国はCAGR 8.9%で成長予測

米国の光ファイバー市場は、2023年には8億4,380万米ドルに達すると推定されます。世界第2位の経済大国である中国は、2023年から2030年までの分析期間においてCAGR 8.9%で推移し、2030年までに34億米ドルの市場規模に達すると予測されています。その他の注目すべき地理的市場としては、日本とカナダがあり、それぞれ2023年から2030年にかけて5.9%と6.3%の成長が予測されています。欧州では、ドイツがCAGR約6.4%で成長すると予測されています。

2024年の世界経済に期待すること

金融引き締めとそれに伴う金利上昇によって引き起こされる地政学的、経済的不安定性が、2024年の激動の情勢を作り出すと思われます。中東での敵対行為や、ますます頻発する気候災害など、いくつかの要因が回復への道筋に圧力をかけ続けると思われます。リスクの一方で、ディスインフレの兆候が強まり、頑迷なインフレに対する不安が緩和され、サプライチェーンが正常化し、エネルギーコストの変動にもかかわらず物価が緩やかになるなど、いくつかのプラス材料も具体化しつつあります。インドや米国をはじめとするG21諸国の選挙は、資本の流れや投資戦略に影響を与える可能性があります。インドが世界な投資先として注目される一方で、米国を拠点とするハイテク企業は、才能と資本のダイナミックなエコシステムに後押しされ、引き続き優位を保つと思われます。シリコンバレーをはじめとするハイテク機会は、国内経済が減速しているとはいえ底堅く、規制環境も整備されていることから、高成長の可能性を求める投資家にとって引き続き魅力的です。欧州は金融引き締め政策と景気後退リスクとの戦いが続くが、英国は見通しが最も厳しく、2024年の景気後退リスクが最も高いです。中国は、政府支出と個人消費の改善に支えられた成長が期待されるもの、引き続きワイルドカードとなります。不安定な環境は、投資家にも企業にもチャンスと課題の両方をもたらすと思われます。成長への触媒としてボラティリティを受け入れるとともに、投資判断の舵取りにおける敏捷性と戦略的先見性が、生き残りのために重要であることに変わりはないです。

調査対象企業の例

・AFL Telecommunications, LLC
・Anixter Inc
・Belden Inc.
・Corning Inc.
・Prysmian Cables & Systems Ltd.
・Geokon Inc.
・Fujikura Ltd.
・Leoni AG
・Finolex Cables Ltd.
・Yangtze Optical Fiber & Cable Joint Stock Limited Company


目次
第1章 調査手法
第2章 エグゼクティブサマリー
第3章 市場分析
第4章 競合

【無料サンプル】
(リンク »)
 
【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)
 
【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。
 
創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)
 
当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]