衛星IoTの市場規模、2028年に43億4000万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-05-24 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「衛星IoTの世界市場レポート 2024年」(The Business Research Company)の販売を5月23日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

衛星IoT(衛星経由のモノのインターネット)は、従来の地上ネットワークが利用できない、または制限されている遠隔地や世界的に分散した場所にあるIoTデバイス間の通信とデータ交換を促進するために衛星技術を利用することを含みます。これにより、遠隔地の農村部や広大な海域を含む地表でのシームレスな接続性を確保することで、グローバルな資産追跡、農業モニタリング、海上およびロジスティクス業務の最適化など、さまざまなアプリケーションが可能になります。事実上あらゆる場所からのリアルタイムのデータ収集と分析を可能にすることで、衛星IoTは業務効率を高め、データ主導の意思決定プロセスを可能にし、同産業を強化します。

衛星IoTサービスの主な種類には、衛星間直接接続と衛星IoTバックホールがあります。衛星間直接通信サービスは、Lバンド、KUバンド、KAバンド、Sバンドなど、さまざまな周波数帯を活用して、地上のIoTデバイスと衛星間の直接通信を容易にします。これらのサービスは、大企業から中小企業まで、さまざまな業種のあらゆる規模の企業で利用されています。衛星間直接通信サービスを活用している主な分野には、石油・ガス、輸送・物流、エネルギー・公益事業、農業、海事、医療、軍事、防衛などがあります。

衛星IoTの市場規模は近年飛躍的に成長しています。2023年の15億7000万米ドルからCAGR23.0%で成長し、2024年には19億3000万米ドルに達する見込みです。この間に観察された成長は、世界的な接続性の需要の増加、効率的な資産の追跡と管理の必要性、環境モニタリングイニシアチブへの関心の高まり、精密農業技術の採用、海上および航空安全対策の強化、緊急対応と災害管理能力の向上、エネルギー分野のアプリケーションの活用、科学研究と探査の試みの進歩、サプライチェーンの最適化戦略の追求など、さまざまな要因に起因しています。

衛星IoTの市場規模は、今後数年で急成長が見込まれます。2028年にはCAGR22.4%で43億4000万米ドルに達する見込みです。予想される成長は、低軌道(LEO)ベースのサービスの採用拡大、デジタル化イニシアチブの急速な加速、サイバーセキュリティ攻撃の頻度の上昇、急成長する宇宙産業、強化された相互接続ソリューションに対する需要の急増、リアルタイム監視を目的とした接続デバイスの展開の増加など、いくつかの要因に関連付けることができます。今後の主な動向としては、無線技術の進歩、各種キューブサットや小型衛星の打ち上げの増加、環境に優しい衛星技術重視の高まり、5Gネットワークとの斬新な統合、レーザーを利用した光通信の進歩などが挙げられます。

宇宙産業の拡大は、衛星IoT市場の成長を当面牽引すると予測されています。宇宙産業は、宇宙用コンポーネントの製造、地域への配送、関連サービスの提供に関連する経済活動を包含しています。また、費用対効果が高く拡張性のあるソリューション、グローバルな接続性、技術的進歩、さまざまな業界のIoTアプリケーションに合わせたソリューションを提供することで、衛星IoTの進歩に貢献しています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]