ウィンドウオートメーションの市場規模、2028年に62億5000万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-05-24 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ウィンドウオートメーションの世界市場レポート 2024年」(The Business Research Company)の販売を5月23日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

ウィンドウオートメーションには、建物や車両の窓の操作と制御を自動化する技術の活用が含まれ、一般的にビル管理システム(BMS)に統合され、室内環境を効果的に管理し、エネルギー効率を高めます。さらに、ウィンドウオートメーションは、スマートフォン、タブレット、または音声アシスタントを介してリモートコントロールを可能にするスマートホーム構成で広く受け入れられています。

ウィンドウオートメーションの主な分類には、電気式、機械式、ハイブリッド式があります。電気式は、電気を動力源とし、ワイヤー、回路、モーターなどのコンポーネントを使用してタスクを実行します。ウィンドウオートメーションには、全自動、プッシュ・アンド・ゴー、パワーアシスト、低エネルギー構成など、さまざまな制御システムがあります。これらのシステムは、住宅環境、商業環境、産業環境など、多様な環境で応用されています。

ウィンドウオートメーションの市場規模は近年着実に成長しています。2023年の50億1000万米ドルからCAGR4.8%で成長し、2024年には52億5000万米ドルに達する見込みです。この市場成長は、エネルギー効率と持続可能性に対する意識の高まり、スマートホームとビルオートメーションシステムの採用拡大、安全性とアクセシビリティ基準を重視する規制要件、ビルにおける快適性と利便性の向上に対する需要の高まりなど、いくつかの要因によるものです。

ウィンドウオートメーションの市場規模は、今後数年間で安定した成長が見込まれます。2028年にはCAGR4.4%で62億5000万米ドルに達する見込みです。予測される成長の背景には、新興国における建設産業の拡大、建物における居住者の健康とウェルネスへの注目の高まり、ウィンドウオートメーションとIoTおよびクラウドプラットフォームとの統合、グリーンビルディング認証および基準へのシフト、シームレスな接続性を確保するための無線通信プロトコルの採用など、さまざまな要因が考えられます。今後の注目すべきトレンドは、予測保守とデータ駆動型最適化の台頭、カスタマイズ可能でモジュール化された窓自動化ソリューションの出現、ウィンドウオートメーションサービスのサブスクリプション・ベース・モデルの成長、インテリジェント制御アルゴリズムのためのAIと機械学習の活用の増加、完全自律型および適応型窓システムへの進化を包含しています。

スマートホームデバイスの採用が増加し、スマートホームの普及が進んでいることが、ウィンドウオートメーションの拡大を促進すると予想されます。接続性と機能性を追求したスマートホームデバイスは、家庭内の利便性、セキュリティ、エネルギー効率の向上に貢献します。カスタマイズオプション、安全機能、遠隔監視機能により、スマートホームの需要が高まっており、自動窓システムの統合に理想的な環境を提供しています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]