リチウム化合物市場、2032年に108億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-05-28 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「リチウム化合物市場レポート:タイプ別、最終用途別、地域別、2024-2032」(IMARC Group)の販売を5月27日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界のリチウム化合物市場は、2023年に58億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は6.9%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2032年には108億米ドル規模に達すると予想されています。電気自動車、再生可能エネルギー貯蔵、コンシューマーエレクトロニクスの成長、バッテリー技術における継続的な技術進歩など、リチウムイオン電池の需要増加が市場を牽引する主な要因です。

リチウム化合物とは、リチウムを主成分とする化合物のことです。軟質アルカリ金属であるリチウムは、その高い反応性により様々な化合物を形成します。一般的なリチウム化合物には、炭酸リチウム(Li2CO3)、水酸化リチウム(LiOH)、塩化リチウム(LiCl)、水素化アルミニウムリチウム(LiAlH4)などがあります。これらの化合物の用途は多岐にわたり、炭酸リチウムは携帯電子機器や電気自動車に不可欠なリチウムイオン電池の主要成分です。水酸化リチウムは航空宇宙産業で宇宙船内の空気から二酸化炭素を除去するために使用されています。このほか、リチウム化合物はそのユニークな特性から、医薬品やセラミックにも使用されています。

市場の動向
世界のリチウム化合物市場は、様々な用途、特に電気自動車(EV)や再生可能エネルギー分野でのリチウムイオン電池の需要の増加に牽引され、力強い成長を遂げています。リチウムイオン電池は、再生可能エネルギーを効率的に貯蔵・利用するために不可欠なものとなっており、世界がよりクリーンで持続可能なエネルギー源へと移行する中で、市場拡大に明るい展望をもたらしています。これと同時に、急成長するコンシューマーエレクトロニクス産業は、スマートフォン、ノートパソコン、その他のポータブル機器に電力を供給し、リチウム化合物の需要を刺激し続けています。さらに、グリッドエネルギー貯蔵システムやポータブル電子機器など、エネルギー効率の高い技術の導入が拡大していることも、市場の成長を後押ししています。これに加えて、リチウムイオン電池技術を改善し、耐久性と効率性を高めるための研究開発(R&D)の継続的な取り組みが、市場の成長を支えています。さらに、EVや再生可能エネルギーの利用を奨励する政府の取り組みや政策が、リチウム化合物の市場拡大を後押しする良好な規制環境を生み出しています。

市場の促進要因
世界のリチウム化合物市場の最大の原動力は、リチウムイオン電池の需要急増です。リチウムイオン電池は、エネルギー密度が高く、寿命が長く、環境に優しいため、広く導入されています。主な用途は電気自動車(EV)と再生可能エネルギー貯蔵システム。特にEV市場は、世界各国が温室効果ガスの排出を削減するために、よりクリーンな輸送手段を推進しているため、急成長を遂げています。その結果、炭酸リチウムや水酸化リチウムなどのリチウム化合物を必要とするリチウムイオン電池は、EV産業に不可欠な要素となっています。このほか、ソーラーファームや風力発電所などの再生可能エネルギー設備の拡大により、発電量が低下している期間に使用する余剰エネルギーを貯蔵するためにリチウムイオン電池が重用され、リチウム化合物の需要がさらに高まっています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]