リベラルアーツ学習プログラム「LIBERARY」、音声コンテンツを提供開始

KDDI株式会社

From: PR TIMES

2024-05-28 17:46

あわせて利用料金を月額3,300円から1,980円に改定

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:高橋 誠、以下 KDDI)は2024年5月28日から、リベラルアーツを学べるオンライン映像学習プログラム「LIBERARY(リベラリー)」で音声コンテンツの提供を開始します。
「LIBERARY」は、さまざまな分野に精通した100名以上の有識者による300本以上の高品質な講義を本数制限なく視聴できるサービスです。講義はこれまで動画形式のコンテンツとして提供していましたが、新たに音声のみで解説を行うコンテンツを提供します。スマートフォンなどの画面を見ずに、他の作業をしながらでも学習いただけるようになります。
あわせて、同日から利用料金を月額3,300円から月額1,980円に改定します(注)。本サービスをより手軽にご利用いただくことで、社会人を中心としたお客さまの学び直しの需要に対応します。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

■「LIBERARY」音声コンテンツについて(2024年5月28日時点)
[表: (リンク ») ]

※コンテンツは順次追加予定です。

リベラルアーツとは、さまざまな分野の知識・教養を横断的に身につける学問です。学習を通じて創造性や複眼的な視点が身につき、ビジネスでの新たな発想や思考パターンの発見につながります。
「LIBERARY」の詳細はこちら( (リンク ») )

(参考)
■「LIBERARY」について
「LIBERARY」は、KDDIが2022年9月に「リベラルアーツプログラム for Business」として提供開始したサービスです。スマートフォンなどで手軽に学習できるよう、2023年7月(法人版は2023年12月)にアプリ版の提供も開始しました。
 また「『Liberal Arts + Library』を掛け合わせることで、数多くのリベラルアーツのコンテンツが格納されたポータルであることを意味し、自身の興味が自然と拡がり、幅広い分野の叡智が無理なく自身に取り込まれていく体験を提供したい」という思いから、2023年10月にサービス名称を「LIBERARY」に変更しました。
今後もお客さまの声にお応えし、ビジネスの創造性や、新たな思考パターンの発見につながる学びを提供していきます。

(注)2024年5月28日以降のご請求分から料金を改定します。

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税込です。
※会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

KDDI株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]