自動車用ドライブシャフト市場、2032年に241億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-06-14 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「自動車用ドライブシャフトの世界市場:ドライブシャフトタイプ別、設計タイプ別、ポジションタイプ別、素材別、車両タイプ別、販売チャネル別、地域別、2024~2032年」(IMARC Group)の販売を6月13日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
自動車用ドライブシャフトの世界市場は、2023年に164億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は4.3%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2032年には241億米ドル規模に達すると予想されています。

自動車用ドライブシャフトとは、エンジンで発生した動力をギアボックスからリアアクスルやフロントアクスルに伝達し、車両を動かすためのモーター駆動部品のことです。このトルクは、距離を隔てた部品間で伝達されます。インボード等速ジョイント、コネクティングシャフト、アウトボード固定ジョイントで構成され、一般的にスチール、アルミニウム、カーボンファイバーで作られています。自動車用ドライブシャフトは、強度と軽量性に優れ、エンジントルクを吸収し、応力下で優れた性能を発揮し、極端な温度にも耐えることができるため、商用車や乗用車によく使用されています。また、低ランニングコスト、滑らかさ、オイル漏れのなさ、信頼性、クリーンな操作性などのメリットもあります。

市場の動向
世界中で電気自動車(EV)の需要が増加しており、市場に明るい展望をもたらしています。自動車用ドライブシャフトは、騒音、振動、ハーシュネス(NVH)性能を最適化しながら、耐久性と効率を高めます。これに伴い、燃料価格の高騰や、排ガスレベルを制御するためのさまざまな政府イニシアチブの実施が、市場の成長を後押ししています。このほか、メーカーは軽量な自動車用ドライブシャフトを製造するため、スチールよりも繊維強化ポリマー複合材料に傾倒しています。このような進歩は、ドライブシャフトの性能と剛性を維持し、燃費を向上させ、より高いトルク容量を提供するのに役立ち、市場成長に拍車をかけています。さらに、主力企業は、酸化がなく高い信頼性を提供する電子ビーム溶接などのクリーンな製造工程を導入しています。これが市場成長にプラスの影響を与えています。その他、中空シャフトの需要増加、可処分所得の増加、自動車産業における広範な研究開発(R&D)活動などが市場成長を支えています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]