Notion、Notion AI コネクターとQ&A機能の強化を発表

Notion Labs Japan合同会社

From: PR TIMES

2024-06-19 14:16

Slackなど業務アプリの情報も検索可能に

Notion Labs Japan合同会社(本社:東京都、ゼネラルマネジャーアジア太平洋地域担当:西 勝清)は、他の業務アプリと連携し情報を検索できる機能「Notion AI コネクター」の提供開始と、AI Q&Aの機能強化(ベータ版)を発表しました。業務アプリからの情報とOpenAIの大規模言語モデル(LLM)「GPT-4」の一般的な知識をNotion AIに統合することで、ワークスペース外の情報から回答を得ることができます。Notion AI コネクターではSlackと連携した検索が利用可能で、今後はGoogle ドライブ、Jira、GitHub、Salesforceとの連携も予定しています。また、AI Q&Aでは検索範囲を指定することが可能になりました。



Notion AIはNotionのワークスペース上で利用できるAIサービスです。2023年2月に正式にリリースし、Notion内に蓄積された情報をAIが検索して回答を提供する機能「AI Q&A」のベータ版を2023年11月に提供開始しました。

Notion AI コネクターは、Slackをはじめとした業務アプリと接続して情報を検索することが可能です。今回はSlackとの連携に対応し、スレッドや過去のメッセージの履歴といったフロー情報にもアクセスできるため、情報検索の時間を削減し、意思決定の効率をさらに向上することができます。

AI Q&Aの機能強化では、特定のページやデータベース、チームスペースに検索範囲を絞って質問ができるほか、人や日付、ページにメンションをつけることもできるようになりました。また、情報ソースとしてページ内のブロックまで示すことが可能になり、より正確な回答と情報源を提供します。ワークスペースの外の一般情報についてもNotion AIがOpenAIの「GPT-4」の情報をもとに回答します。

瞬時の回答とコンテキストで時間を節約
Notion AIに質問するだけで、接続されたすべてのアプリから関連する情報を得ることができるため、情報検索の時間をさらに削減します。時間のかかる検索や同僚に質問をする必要がなくなります。

必要な情報を見つけ、実行するためのツールを削減
Notionでコンテンツを作成したりタスクを管理したりしながら、Notionの中から外部の業務アプリにある情報にアクセスできます。複数の業務アプリやAIチャットアプリの切り替えが不必要になります。

プライバシーを考慮した信頼できる検索結果
アクセス権限を設定することで、適切な情報を適切なメンバーに限定して表示します。すべての情報は既存のアクセス権限を踏まえて表示されるため、データは安全に保護されます。

組織全体の記憶をつなぐ一つの場所
正式に文書化されているかどうかにかかわらず、過去と現在のナレッジから最も関連性の高い情報を自動的に抽出するため、情報に基づいた意思決定を可能にします。


Notion Labs Japan合同会社 
ゼネラルマネジャーアジア太平洋地域担当 西 勝清(にし・かつきよ)のコメント
[画像: (リンク ») ]

Notion AI コネクターの提供開始とAI Q&Aの機能強化により、業務効率を飛躍的に向上させることができます。Slackなど業務アプリからのフロー情報を取り込むことで、アプリの切り替えが減り、従業員の集中力低下を防ぐことができます。また、Q&A機能強化で回答の精度が向上し、探していた情報にたどりつく時間を削減できます。これにより、組織全体のナレッジを最大限に活用し、情報に基づいた意思決定が容易になります。私たちは、ユーザーのプライバシーを尊重しながら、安全かつ信頼性の高い検索結果を提供してまいります。

Notion AI コネクタ― 動画(英語): (リンク »)

Notion AI 新機能紹介ウェビナーのご案内
開催日時:2024年6月19日(水) 16:00 - 17:00
参加方法:事前登録
参加方法:オンライン形式(参加無料、逐次通訳付き)
(リンク »)

Notionについて
Notionは、ドキュメントの作成・共有、プロジェクトの管理、ナレッジの整理、すべてが一箇所で実現できるコネクテッドワークスペースです。ユーザーは美しいドキュメント、ロードマップ、ナレッジベースなどを作成、カスタマイズすることができ、チームの生産性向上、コラボレーションの促進・強化、チームでの働き方の改革を加速化させます。Notionは次世代のスタートアップから大企業まで、世界中で最高のチームを支えています。日本でもトヨタ自動車社や三菱重工社、サイバーエージェント社、セプテーニ社といった大手企業への導入が進み、信頼を得ています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]