国際会議「第12回マイクロバイオーム・プロバイオティクス研究開発・事業提携フォーラム:米国大会 2024」(Global Engage Ltd.主催)の参加申し込み受付開始

株式会社グローバルインフォメーション

2024-06-21 14:00

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:樋口荘祐)は、2024年10月17~18日に米国、カリフォルニア州サンディエゴ、San Diego Marriott La Jollaで開催されるGlobal Engage Ltd.主催の国際会議「12th Microbiome & Probiotic R&D & Business Collaboration Forum: USA 2024-第12回マイクロバイオーム・プロバイオティクス研究開発・事業提携フォーラム:米国大会 2024-」の代理店として、参加申し込みの受付を6月21日より開始しました。
2024年度の米国マイクロバイオームフォーラムでは、腸の健康・疾患に加えて、腸脳軸の研究における顕著な成果を取り上げます。講演者からは、プロバイオティクス・プレバイオティクス・ポストバイオティクスの研究動向や、個別化栄養・心代謝性疾患についての報告があります。今回は内容を拡大し、女性の健康やHMO(腸内細菌製剤)、乳児の健康も含まれています。更に、研究成果を商業化する際の課題と機会を研究し、事業提携・協力による投資の確保方法についても学びますので、ぜひご参加ください。

今回の会議では、FDAのPaul Carlson氏(CBER 粘膜病原体・細胞免疫学研究室 主任研究員)が登壇し、マイクロバイオームベースの治療法に関する規制上の注意点について講演します。

参加のメリット

1. この会議は、250名以上が参加予定で、講演者・スポンサーや他の出席者と交流できる環境が提供されます。
2. マイクロバイオーム研究はパーキンソン病に新たな光をどのように当てたのか、また母親の神経代謝産物が神経発達にどのような重要な役割を果たし得るのか、について学ぶことができます。
3. 皮膚微生物群の操作(プレバイオティクスやプロバイオティクスの使用を含む)により皮膚の健康を維持できるかどうか、またLBPにより膣内マイクロバイオームを最適化して生殖機能の健康を改善できる可能性について調査します。


※当日のスケジュールや発表内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。

<12th Microbiome & Probiotic R&D & Business Collaboration Forum: USA 2024の概要/お申し込み>
会議:「12th Microbiome & Probiotic R&D & Business Collaboration Forum: USA 2024
-第12回マイクロバイオーム・プロバイオティクス研究開発・事業提携フォーラム:米国大会 2024-」
開催日:2024年10月17~18日
開催地:米国、カリフォルニア州サンディエゴ、San Diego Marriott La Jolla
概要、お申し込みはこちら: (リンク »)

12th Microbiome & Probiotic R&D & Business Collaboration Forum: USA 2024にご参加希望の方は、お早めにお申し込みください。

【本件に関するお問い合わせ先】
Global Engage Ltd.代理店
株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]