EMCジャパン、Windows Server 2003 R2対応の中小企業向けバックアップソフト

ニューズフロント 2006年02月07日 15時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンは2月7日、中小企業向けバックアップ、リカバリソフト「EMC Retrospect 7.5 Windows版」の販売を開始した。

 Retrospect 7.5はデータ圧縮機能を改善した結果、バックアップ速度が既存製品より大幅に高速化したという。新機能としては、ユーザー自身が実行できるデータ復元、クライアントソフトの自動配布や設定、ソフト自動アップデート、ディスクバックアップ中のデータ復元およびテープへのコピー、オフライン検証などを追加した。

 マイクロソフトが2月3日に提供開始したサーバ向けOSのアップデート版Microsoft Windows Server 2003 R2の、32ビット版および64ビット版に対応している。Red Hat Enterprise Linux 4、Novell Linux Desktop 9、Mac OS X 10.4 Tigerのクライアント環境もバックアップ可能とした。

 税込み価格は以下のとおり。

  • Retrospect 7.5 Multi-Server Windows版:19万8450円
  • Retrospect 7.5 Single Server Windows版:9万8700円
  • Retrospect 7.5 Disk-to-Disk Windows版:5万1450円
  • Retrospect 7.5 Professional Windows版:1万6590円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!