EMC、ストレージソフト最新版でコンテンツ別の仮想プール作成が可能に

藤本京子(編集部) 2005年06月20日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米EMCは6月20日、アーカイブストレージ製品Centera向けソフトウェアの最新版「CentraStar Verson 3.0」において、新機能が追加されたと発表した。Centeraは、コンテンツレベルでデータを管理できる「CAS(Content Addressed Storage)」システムだ。新機能はこのCASシステムを強化するものとなる。

 追加された機能は、「バーチャルプール」と「リモートレプリケーション」の2つ。この2つの機能は、EMCのハイエンドストレージ製品Symmetrixではすでに実現している。このハイエンドな機能をミッドレンジ製品Centeraでも利用できるようになる。

 まずバーチャルプール機能とは、物理的には単一のクラスタの中に、メールやワード文書といったアプリケーションごとの仮想プールをいくつも作成できるというものだ。この機能を利用することで、「コンテンツごとのデータ管理がいっそう容易になる」と、EMCのCenteraマーケティング&アライアンス担当バイスプレジデント、ロイ・スタンフォード氏は述べている。

EMC Centeraマーケティング&アライアンス担当バイスプレジデント、ロイ・スタンフォード氏

 バーチャルプール機能は、日本で未発表の2つのソフトウェア「EMC Centera Seek」および「EMC Centera Chargeback Reporter」と共に利用することで、より高度なコンテンツ活用が可能となる。Centera Seekは、インデックスによる検索エンジンで、Centera全体はもちろん、各バーチャルプールごとにデジタルコンテンツを容易に検索できるソフトだ。また、Centera Chargeback Reporterは、Centeraにおいて、社内のどの部署がどれだけの容量を使用しているか把握できるソフトで、容量に応じた部署単位での経費負担が計算できる。この両ソフトウェアは、「日本でも早い時期に対応する予定だ」(EMCジャパン広報)という。

 リモートレプリケーション機能は、リモート環境においてリレー方式でレプリケーションを行う「チェーンタイプ」および、分散されたアーカイブを一元的にレプリケーションする「スタータイプ」に対応している。チェーンタイプでは、拠点を経由して3つのリモートレプリケーションサイトをCenteraで形成できる。またスタータイプでは、支店単位に配置されていたCenteraのデータをリモートで結び、レプリケーションを作成、統合できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算