編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

EMCジャパン、確実にデータを消去するストレージ製品向けサービスを開始

ニューズフロント

2005-12-19 14:22

 EMCジャパンは12月19日、ストレージ製品を対象とするデータ消去サービス「EMC認定データ消去サービス」の提供を開始した。ハイエンド向けストレージ「Symmetrix」とミッドティア向けストレージ「CLARiX」において、筐体全体のデータ消去を実施する「筐体データ消去サービス」と、装置から取り外したハードディスク単体のデータを消す「ディスク保持およびデータ消去サービス」という2種類のメニューを用意する。

 筐体データ消去サービスでは、EMCジャパンのサービス要員が専用ツールや独自ソフトを使用し、ホストとなるコンピュータを接続することなくハードディスクのデータを上書き消去する。可変ビットパターンで上書きするため、データの復旧は事実上不可能という。国内全域でサービスを提供する。

 ディスク保持およびデータ消去サービスでは、SymmetrixやCLARiXから取り外したハードディスクを顧客が手元に保持できる。顧客は、データを電磁気的に消去するか、ハードディスク自体を物理的に破壊するかのどちらかを選べる。主に、東京および近隣県(神奈川、千葉、埼玉)でサービスを展開する。

 データ消去サービスについて、EMCジャパンは「情報を安全かつ確実に保護し、コンプライアンスの達成と、情報漏えいなどのリスク緩和を支援するもので、情報ライフサイクルを完結させる上で必要不可欠」と説明する。いずれのメニューも証明書を発行し、データ消去の認定を実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]