アイログと日本ユニシス、「ILOG JRules」を中核にテレコム向けソリューションを展開

山下竜大(編集部) 2006年02月16日 09時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイログと日本ユニシスは2月15日、アイログのビジネスルール管理システム(BRMS)製品「ILOG JRules」と日本ユニシスのテレコム分野におけるシステム開発の経験、ノウハウを連携したテレコム分野向けBRMSソリューションの提供で提携することを発表した。この提携により両社は、2年間で10システムの販売を見込んでいる。

 アイログのILOG JRulrsは、ビジネスのさまざまな場面で発生するルールをアプリケーションから切り離し、リポジトリで管理することでルールの設定や変更、操作、管理を包括的に実現できるBRMS製品。ビジネスルールをアプリケーションから切り離し、リポジトリで管理することで、ビジネスの変化にアプリケーションを柔軟かつ迅速に対応することができるので、システム開発の期間短縮とコスト削減、品質の向上を期待できる。

 例えば、テレコム関連企業が新しいサービスを追加する場合、従来のようにプログラム中に条件文を記述していると、プログラムそのものを修正しなければならない。しかし、この条件文をルールとしてILOG JRulesで管理することで、プログラムは全く修正することなく、ルールを追加するだけで新しいサービスを提供することが可能になる。また、このとき稼働しているアプリケーションを止めることなくルールを変更することができるので効率的なシステム運用も可能になる。

 今回、日本ユニシスがILOG JRulesを採用したのは、表形式、または自然言語により、日本語でビジネスルールが記述できるのでIT部門の担当者だけでなく、業務部門の担当者もビジネスルールを追加、変更することができること、次にビジネスルールとアプリケーションが切り離されているために、稼働しているアプリケーションを停止することなく、ビジネスルールの追加、変更が可能なことの大きく2つの理由からだ。

 現在、多くの通信事業者は、たとえば「もし使用期間が3年以上なら基本料金を10%値引きする」などのビジネスルールの頻繁な追加や変更など、複雑な課金システムに対応していかなければならないという課題を抱えている。日本ユニシスでは、今回の提携により「FMC(Fixed Mobile Convergence)」やIP電話、高速インターネット、映像配信の通信を1つの回線で提供する「トリプル・プレイ」など、今後登場する新しいサービスの実現や展開における課題を解決できるソリューションとなるとしている。

 アイログでは、今後1年間で通信事業者向けのBRMSライセンス販売で7億円を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR