編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本ユニシスがグンゼとアウトソーシング会社を設立

田中好伸(編集部)

2005-09-01 22:48

 日本ユニシスは9月2日に、グンゼと合弁会社「G&Uシステムサービス」を設立する。グンゼは情報システムの開発・保守運用をG&Uシステムサービスに外部委託する。

 日本ユニシスが51%、グンゼが49%それぞれG&Uシステムサービスに出資する。資本金は5000万円。設立当初は日本ユニシスから13人、グンゼから60人が出向する。G&Uシステムサービスは、グンゼグループ各社の情報システムの設計・開発・保守運用までを担う。戦略・企画業務はグンゼに残す。

 グンゼは、情報システムの戦略・企画を強化してシステム関連のコスト削減を狙う。日本ユニシスには、流通・製造分野で業務知識があるシステム要員を確保するとともに、アプリケーション領域まで視野に入れたアウトソーシング・ビジネスを展開する狙いがある。

 G&Uシステムサービスは、グンゼからのアウトソーシングのほかに流通・製造分野の受託開発も獲得していく。また日本ユニシスが開発したデータウェアハウス構築支援ソフト「MartSolution」を中心としたシステムを開発していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]