HP、コンプライアンスと変更管理を自動化するソフトを発表

ニューズフロント 2006年02月24日 15時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間2月10日、コンプライアンス(法令順守)支援を目的とするID管理ソフト「HP OpenView Select Audit」と変更管理ソフトの新版「HP OpenView Select Identity 4.0」を発表した。

 HP OpenView Select Auditは、コンプライアンスについてのガイドラインをIT監査管理機能と対応付けて表示する管理フレームワークを備え、視覚的に状況を示す。管理作業、ユーザーの変更、アクセス要求、認証判定のすべてにデジタル署名を付加して集約することで一元管理を実施し、記録が不正に変更されることを防ぐ。

 運用上の監査ポリシーと米国政府の監査ポリシーに沿ったレポートを作成する機能を持ち、米国の企業改革法(SOX法)に準拠したレポートパックも備える。HP OpenView Select FederationやHP OpenView Select Identityといった製品とも連携して情報を一元管理し、一貫性のある監査インフラを実現する。

 HP OpenView Select Identity 4.0は、システムやアプリケーションに関する追加、アップグレード、削除などを管理する機能と、コンプライアンスのプロセスを自動化する機能を提供する。また、管理業務を必要に応じて分離する機能も備える。新版では、文書化された変更管理プロセスに従っていない変更を防止する監査機能も強化した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連記事

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?