日本HP、エントリサーバ「ML150 G3」を発売--デュアルコアXeonを2個搭載可能

ニューズフロント 2006年08月21日 16時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は8月21日、デュアルコアインテルXeonプロセッサー5100番台を2個搭載可能なタワー型エントリサーバの新モデル「HPProLiant ML150 Generation 3(G3)」を受注開始した。税込み価格は14万3850円からとする。8月24日に出荷を始める。

 日本HPは、新モデルを中小企業向けと位置付ける。対応プロセッサは、デュアルコアXeon 5110(動作周波数1.60GHz)、デュアルコアXeon 5120(同1.86GHz)、デュアルコアXeon 5130(同2GHz)。メモリはPC2-5300 Fully Buffered DIMM(FB-DIMM)で、記憶容量は最大8Gバイト。

 ハードディスク(HDD)は、ホットプラグ対応のシリアルアタッチドSCSI(SAS)またはシリアルATA(SATA)品を最大6台搭載できる。ホットプラグモデルに標準搭載のHP 8ポートSAS/SATAホストバスアダプタで、RAID 0、RAID 1、ホットスペアの利用が可能。

 オプションの遠隔管理カード「HP Lights-Out 100c」を装着すると、LANやネットを介した遠隔管理が行える。日本HPでは、「エントリサーバでありながら、利便性の高い優れた運用性を実現した」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから