編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

東芝、「デュアルコアインテルXeonプロセッサー」搭載の2wayサーバー2機種

WebBCN (BCN)

2006-07-25 09:56

 東芝は7月24日、IAサーバー「MAGNIAシリーズ」で、インテルのデュアルコ アCPU「Xeon」を搭載した2wayサーバーを発売すると発表した。1U(約44mm) サイズのラックマウント型モデル「MAGNIA2505R」と、タワー型エントリーモ デル「MAGNIA2500」の2機種を販売する。出荷は8月29日に開始する予定。

 いずれも、CPUに「デュアルコアインテルXeonプロセッサ5050」と最新チッ プセット「インテル5000P/5000V」を採用したのが特徴。CPUは最大で2個搭載 可能。独自開発のオンボードSATA RAIDを標準装備し、RAID 0、RAID 1、RAID 5、RAID 10にも対応する。

 HDDは、SATAII/300 HDDの80GB、160GB、250GBの3種類で、「MAGNIA2505R」 では最大3基、「MAGNIA2500」は最大4基搭載できる。メインメモリには、DDR2-533 FB-DIMMを採用し、「MAGNIA2505R」は最大で24GB、「MAGNIA2500」は最 大で12GBまで拡張が可能。

 「MAGNIA2505R」は、企業の情報システム部門やデータセンターなどで、ラ ックへの高密度実装に最適な1Uラックマウント型のサーバー。本体サイズは幅 425×奥行き718×高さ43mm。価格は62万9370円から。

 「MAGNIA2500」は、企業内の部門サーバーや事務所、店舗などで単一サーバー として求められる基本性能を備え、コストパフォーマンスに優れたタワー型サー バー。本体サイズは幅198×奥行き518×高さ440mm。価格は49万9170円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]