TDK株式会社:記事一覧

最新記事

  • IBMの不揮発性磁気メモリ開発、STT-RAMへと方針を転換

    IBMはTDKと提携し、一定方向の電子スピンをもつ電流を流して記録層の磁化の方向を変える、STT-RAMの開発を進めている。以前取り組んだMRAM技術ではトランジスタの小型化に限界があると判断したようだ。

    2007年08月21日

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]