レガシーマイグレーションセミナー ~IT資産、どう活かしますか?~ CAのソリューションと国内成功事例をご紹介!

CA Technologies(日本CA株式会社) 2005年09月21日

開催場所: 東京

開催日:  2005年10月20日

申込締切日: 2005年10月19日

メインフレームには、長い間に培った業務のノウハウが詰まっています。
一方で運用コスト、アプリケーションライフサイクルの観点から、UNIX、Linux、Windowsへのマイグレーションを検討されるお客様も増えてきています。
生産性、人、ノウハウを活かし且つコストを意識したアプリケーションの再配置、最適化が大きなテーマではないかと思います。

本セミナーでは、CAならではのソリューションやCA-Easytrieve Plus資産がそのまま使えるCA-Easytrieve for UNIX、Windows、z/Linuxのデモなどをご紹介します。

また、レガシーマイグレーション成功例をビジネス、インプリメンテーションの視点で、
NTTデータ東海様、住商リース様、住商情報システム様にご講演いただきます。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!