「ライブドア大学 毎月100万円の現金がしっかり手元に残る!小さな会社・起業家のためのカンタン『利益モデル』構築術」を開催

株式会社LDH 2005年11月17日

開催場所: 東京

開催日:  2006年1月25日

申込締切日: 2006年1月18日

報道関係者各位

平成17年11月17日
株式会社ライブドア
ライブドア大学

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ライブドア大学、
「ライブドア大学 毎月100万円の現金がしっかり手元に残る!
    小さな会社・起業家のためのカンタン『利益モデル』構築術」を開催
~頑張ってるけど、一生懸命働いてるけど、
         何故かお金が残らないビジネス・モデルはもう止めよう~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

株式会社ライブドア(代表取締役社長 兼 最高経営責任者 堀江 貴文 東京都新宿区:証券コード4753)が発足した組織「ライブドア大学」は、小さな会社で頑張ってるけど何故か利益が残らない方のために利益の出るビジネスモデルを事例とともに解説するセミナー「ライブドア大学 毎月100万円の現金がしっかり手元に残る!小さな会社・起業家のためのカンタン『利益モデル』構築術」を開催することを発表しました。

本講座は2006年1月25日(水)の14:00から3時間、六本木ヒルズにて開催します。

詳細ページ:
(リンク »)


■■ 講座の概要 ■■

●『利益モデル』がないところには、どんなに頑張ってもお金が残らないのが真実です

 起業直後の私は本当によく働いていました。
おかげさまで「独立したって食えない」というのが定説の行政書士界にあって比較的すぐに顧客を獲得でき、売上も順調に上がっていきました。ところが・・・いつまでたっても、なんか楽にならないんですよね。

 私は行政書士という国家資格で独立した訳ですが、私自身あまり専門家という意識はなくて通常の『起業』として捉えていました。
 ビジネスであるならば、いつまでも自分自身がこまねずみのように実働をしていてはいけない事は明白です。
 ところが人を雇おうと考えると、どうも利益は残らない計算になってしまうのです。

 マーケティングは得意な方でしたので、行政書士という地味な職種ながら顧客獲得にはあまり苦労しませんでした。
 しかし、人を雇用して業務をこなして貰おうとすると、どう計算しても利益が出ない。かといって、同業他社と比較しても決して安売りしている訳でもありませんでした。「一体、これはどういう事だろう・・・?」~私は釈然としないものを感じながら相変わらず、こまねずみのように働き続けるばかりでした。

 やがて、一つの結論に達することになります。それは・・・

 『ウチがお客さんからいただいているのは、「労働の対価」でしかないんだ!!』

 ・・・当たり前のようでいて、これは大きな発見でした。
 労働の対価としてのお金しか稼げないのでは、いつまでたっても『職人さんモデル』から脱却できないのです。
 一生、実働して自分一人で働き続ける~そういう覚悟でしたら『職人さんモデル』もいいのですが、私だって一生元気で働き続けられるかも分からない。病気で倒れることだってある!そんな不安定な形で一生を終わるのは嫌だし、家族を路頭に迷わせることにもなりかねません。

 しかし、『労働の対価』としてのお金しかお客さんからいただけないのでは人を雇用することは不可能です。その労働の対価を給料として従業員に支払わなければいけないのですから!後には何も残りません。いえ、事務所家賃などの固定費に侵食されて赤字になります。

 士業などの専門家は特にこの罠に陥りやすいですが、実は他のビジネスでも全く同じことは起きています。
 商品原価と労働分以上の売値を設定できずにいます。
 ですから働いても、どんなに頑張っても利益が出ない!
 売れなくて暇で儲からないならまだしも、売れて大変な思いをするのに(売れればクレーム、雑務は嫌でも付いてきます)、それでも利益は出ない。いや、売れば売るほど、マーケティング・テクニックを駆使すればするほど利益は圧迫されていく~そんなビジネスをしている人が何と多いことでしょう。


 独立して5年。
 おかげさまで私の方は、自分の給料は経費と捉えても、それ以外になんとか月々100万円単位のお金が残るようになりました。
 もちろん大した金額ではありませんが、ウチみたいな零細企業・個人事業主にとっては結構有難いことです。

 これは、開業当初からの疑問である『利益はどこから出てくるのか?」と、考え続けた賜物かと思います。
 世の中に「マーケティング」本は多く存在しますが、利益の正体に迫った分かりやすいビジネス書は多くありません。
 『ザ・プロフィット』(ダイヤモンド社)という本は利益モデルを扱った良書ですが、事例が大企業で小説仕立てのため、ビジネス初心者にも分かりづらいところがあります。多くの方が、「読み始めたけど、途中で止めてしまった」と、言います。

 私は、『ザ・プロフィット』という書籍を真っ黒になるまで何度も読み返し(ご多分に漏れず、私もなかなか理解できませんでした)、そこからヒントを得、そこに自分なりのアイデアを加え、試行錯誤を繰り返しようやく零細企業、専門家が使える『利益モデル』を作ってきました。

 どれも特殊な能力を要するものではありません。
 それらの『利益モデル』を意識しながら仕組みを作っていけば良いだけです。
 マーケティングも大事ですが、そろそろ真剣に『利益』について知り、月100万円程度のお金はきちんと手元に残るようにしていきませんか?
 私が考える利益モデル、他の小さな会社で行っている利益モデルの事例などをお話いたします。

 私のような専門職(士業、経営コンサルタント等)、社員10人未満の小さな会社の経営者の方、これから起業をされる方、是非、カンタンに作れる『利益モデル』を導入していきましょう!


■■ 講座の特徴 ■■

1.中小企業の経営者が本当に使えるの利益モデルが複数わかる!
2.初心者でも安心!カンタンですぐに使える手法を紹介
3.講師自身が体験した『実例』を聞くことで本当に使えるビジネスモデルがわかる
4.毎日、一生懸命働いても利益が出ない状況から脱出できる
5.受講者にはもれなく嬉しい特典!!(詳細は後述します)


■■ こんな方におすすめ ■■

・起業する前に『利益モデル』をし、しっかり現金が残る経営を目指す方

・一生懸命働いているんだけれども、なぜかお金が残らない事業主の方

・自分が多少休んでも倒れても、しっかりと利益が生まれるように人を雇用できる体制を作りたい専門職の方

・『ザ・プロフィット』(ダイヤモンド社)を読んだけれど、途中で挫折してしまった方

・自分の事業でも利益モデルを導入してしっかり利益を出し、クライアントに対しても専門業務以外の付加価値を提供できるよう利益モデルを学びたい方

・小さな事業でも月100万円程度の現金は手元に残るような収益体質にしたい小さな企業の経営者


■■ セミナーの目的 ■■

<小さな会社、個人事業主にも『利益モデル』の普及を>

小さな会社、個人事業主はどうしても「労働の対価」を顧客からいただく事で精一杯になってしまいます。
しかし、それでは人を増やす余裕も、経済的な喜びも無くなってしまいます。
「労働の対価」以上の利益を出す工夫をしなければ、いつまでも労働の自転車操業に陥ってしまいます。
小さな会社の経営者、個人事業主こそ「顧客により付加価値を」「自身に利益を」を実践していただきたいと思い企画したセミナーです。


■■ セミナー受講者にもれなく嬉しい特典! ■■

●丸山学主宰「ノーリスク起業予備校」1日目
 (起業ノウハウの基本編)DVD(9,450円相当(税込み))
  (リンク »)

●丸山学の個別コンサルティング 1時間(於:丸山事務所~埼玉県所沢市)
 26,250円相当(税込み)
  (リンク »)


■■ セミナーの内容 ■■
・『利益』はどこからやってくるのかを理解する
・『利益』をもたらす3大パターンを知る
・毎月100万円単位の現金が残る具体的な『利益モデル』の事例を知る
・初心者がゼロから『利益モデル』を構築するためのステップを図解する
・業種別の『利益』抽出術を体得する
・構築した『利益モデル』を倍化させるためのマーケティング術を知る


■■ 講師プロフィール ■■

講師 丸山学 (丸山行政書士事務所、有限会社丸山事務所 代表)

年間200件に迫る会社設立に携わり、年間1000件以上の起業相談をこなす『起業』のプロ。
最近は、利益を生み出すための『利益モデル』を中小企業も真剣に取り入れることを提唱している。
また、NHK「経済最前線」他、テレビ・ラジオ出演、マスコミ掲載なども急増している。

★丸山学のマスコミ掲載・登場情報
(リンク »)


・開設サイト

『家族を路頭に迷わせない!ノーリスク起業法の教え』
(リンク »)

『行政書士開業サバイバル』
(リンク »)

『1円起業 資本金1円会社設立!』
(リンク »)

ブログ『ノーリスク起業予備校の要点ノート』
(リンク »)


■■ 開催概要 ■■

◆タイトル:
「ライブドア大学 毎月100万円の現金がしっかり手元に残る!
        小さな会社・起業家のためのカンタン『利益モデル』構築術」

◆日時
【講 座】2006年1月25日(水) 14:00~17:00 (受付開始13:30~)

◆ 会 場:「株式会社ライブドア」
      東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
<地図> (リンク »)
  ※会場は変更になる可能性がございます。
   変更の際は速やかにご連絡させていただきます。

◆受講料:
  【講 座】 36,750円 (税抜 35,000円+消費税 1,750円)

◆定 員:先着30名※定員となり次第締め切らせて頂きます。

◆キャンセル期限・入金期限
 期 限:2006年1月18日(水)

◆お申し込み方法
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、下記ウェブサイトよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。

--------------------------------------------------------------
・ウェブサイト :
(リンク »)
・E-Mail    : daigaku@livedoor.net
・TEL/FAX   : TEL:03-5770-4055(10:00-19:00) / FAX:03-3402-1035
--------------------------------------------------------------

◆お申し込みに関する注意点

<お申し込みに関して>
お申し込み直後にお客さまのご登録アドレスへ「お申し込み完了」のメールが送信されます。受信が確認できない場合は必ず弊社までお問い合わせください。

<キャンセルに関して>
・お客様のご都合によりキャンセルされる場合はキャンセル期限までに、下記お問い合わせ窓口までメールと電話でご連絡下さい。その後のキャンセルについてはお申し受けできませんのでご了承下さい。
・キャンセル期限を過ぎてからお客さまのご都合で講座にご参加頂けなくなった場合やセミナー開催前にご入金をいただけなかった場合も、セミナー受講料は全額お支払い頂く事となりますのでご了承下さい。

<ご出席に関して>
・受講料は期日までに弊社指定の口座までご入金下さい。
ご入金確認後、弊社より「受講票」をメールにてお送りいたしますので、開催当日にプリントアウトしてご持参下さい。ご入金が確認出来ない場合または「受講票」をお持ちでない場合、講座への参加ができないことがあります。ご
注意下さい。

<開催中止の場合に関して>
・講座の参加人数が規定の数に達しなかった場合、講座は中止となります。
その際は、お支払いいただいた受講料は返金いたします。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

○講座にてご持参頂くもの
・受講票
・お名刺
・筆記用具

◆主 催:株式会社ライブドア 「ライブドア大学」
 協 力:ネットアンドセキュリティ総研株式会社


■■ 「ライブドア大学」: らいぶどあだいがく ■■

・設  立 :2005年9月
・活動内容:投資、起業、情報販売、アフィリエイトなどのノウハウを
      セミナーや通信講座という形で提供
       
      経営者、ECサイト運営者、企業内担当者、投資家、起業家、ア
      フィリエイター、インフォプレナー、モバイル関連の経営者およ
      び担当者などの方に、特に役立つ情報の充実したサービスを提供

・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5770-4055(10:00-19:00) / FAX:03-3402-1035
      daigaku@livedoor.net


■■ ライブドア大学からのお知らせ ■■

ライブドア大学のお得な情報をメールでお届けします!!
ご希望の方は下記ご登録いただければと思います。
(リンク »)


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4056(10:00-19:00) / FAX: 03-3402-1035
担当:鈴木
daigaku@livedoor.net

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?