【ジュニパーネットワークス共催】テリロジー「最先端検疫ネットワークソリューションセミナー」

株式会社テリロジー 2006年11月09日

開催場所: 東京

開催日:  2006年12月7日

申込締切日: 2006年12月6日

ジュニパーネットワークス共催。
テリロジー「最先端検疫ネットワークソリューションセミナー」
これまでの検疫ネットワーク導入の障壁を払拭する“ TCG/TNC ”標準技術完全準拠の検疫&ポリシーベースド アクセスコントロールソリューション


 TCG/TNCの標準技術に完全準拠した、既存のL2/L3のネットワークインフラとセキュリティを巧みに融合可能な最先端の検疫ネットワークソリューションをご紹介致します。

 また外部検疫ポリシーサーバとの連動により広範囲な検疫と優れた運用性を同時に実現可能なソリューションもご紹介致します。

 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

【日 時】:2006年12月07日(木)13:30 ~ 17:00 (受付開始 13:00)

【会 場】:ラピロス六本木ビル11階 オリベホール
      〒102-0073 東京都港区六本木6-1-24
      最寄り駅:地下鉄日比谷線六本木駅 3番出口
      会場地図 → (リンク »)

【定 員】:80名様 (参加費無料)  
      セミナーお申し込みはこちらから → (リンク »)

【主 催】:株式会社テリロジー

【共 催】:ジュニパーネットワークス株式会社

【セミナープログラム】

 13:00~     受付開始

 13:30~14:10 検疫ネットワーク技術動向
           講演者:株式会社富士キメラ総研 研究開発本部 中原 隆治氏

           代表的な検疫ネットワークの方式別解説、最新技術動向など、
           今後注目される検疫ネットワークソリューションについて
           解説致します。

 14:10~15:00 ジュニパーネットワークスの検疫ネットワークソリューション
           講演者:ジュニパーネットワークス株式会社
                 ET本部 鈴木 成明氏

           ジュニパーネットワークスが推進する統合アクセス管理(UAC)
           の製品概要、TCG/TNCの標準技術をベースに、L2/L3
           それぞれのレイヤーまたは両方のレイヤーの統合環境で
           利用可能な最先端の検疫・アクセスコントロール
           ソリューションを紹介致します。

 15:00~15:10 休憩

 15:10~15:50 外部検疫ポリシーサーバ化が期待される
          NOSiDE Inbentory Sub System
           講演者:株式会社テリロジー 営業本部 河井 啓介

           検疫ネットワークソリューションにおいて、様々なネット
           ワーク製品で構成される環境において、外部検疫ポリシー
           サーバとしてその存在が期待されているNTTデータ先端技術
           社製NOSiDE製品について紹介致します。

 15:50~16:00 休憩

 16:00~16:30 デモ実演:統合型アクセス管理(UAC)
           実演者:株式会社テリロジー 技術本部 大中有人

           インフラネット・コントローラ、NetScreen、
           OdysseyAccessClientによるUAC検疫・アクセスコントロールの
           デモをおこないます。

 16:30~16:50 質疑応答

 ※講演者は、都合により変更する場合がございます。ご了承ください。


【本セミナーに関するお問い合わせ先】
株式会社 テリロジー
営業本部 ネットワークソリューション営業部 
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-13-5 日本地所第一ビル4F
TEL:03-3237-3291 FAX:03-3237-3293
E-mail:noside@terilogy.com

関連情報へのリンク »

株式会社テリロジーの関連情報

株式会社テリロジー

株式会社テリロジーの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?