編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

新JIS対応プライバシーマーク認証取得・更新の難所!! 「リスクアセスメント」と「文書作成」を劇的にスムーズにする手法

株式会社アトラクス

2006-12-01

開催場所: 東京

開催日:  2006-12-22

申込締切日: 1970-1-1

プライバシーマークの認証基準である「JISQ15001」が今年5月に旧JIS(JISQ15001:1999)から新JIS(JISQ15001:2006)に改定されました。審査方法も変更になったことで、「個人情報に関するリスクアセスメント」や「文書作成業務」の負荷がより大きくなり、長期間を要するようになっています。

 本来、事務局のミッションは、認証取得に加えて、実際のPDCAサイクルを通じて社内の個人情報保護体制を強化していくことにあります。認証取得・更新の実作業だけに没頭してしまうことは好ましいとは言えません。
 プライバシーマーク認証取得第1号企業であるアトラクスではかかる悩みに対応すべく、「リスクアセスメント」を短期間で的確に実施し、これを「文書作成」に反映させる画期的な手法を開発しました。本セミナーでエッセンスをご紹介します。

こんな企業におすすめ!

■新規で取得される企業
従来のコンサルティングサービスでは対応できない、「リスクアセスメント」およ
び「文書作成」実作業の効率的な進め方が分かります。

■既に取得済みで運用中の企業
社内の運用工数や組織変更にともなう引継負荷を大幅に削減する手法が分かります。

■ 旧JISから新JISへ移行される企業
新JISと旧JISの違いや、新JISで押さえるべき重要ポイントが分かります。


<スケジュール>
■13:00~
受付開始

■13:15~13:20 株式会社アトラクス 代表取締役 高木 稔
はじめに

■13:20~14:00 富永 卓椰 先生
【第一部】
JISQ15001:2006のインパクト
・個人情報の保護に関する法律との違い
・旧JISQ15001との違い
・何が変わったか
・どうするリスクアセスメント

■14:00~14:40 株式会社アトラクス プロデューサー 成吉 新一
【第二部】
『プライバシーマーク認証取得・更新の難所、”リスクアセスメント”と”文書作成”を 効果的・効率的に実施するには』
・重要で作業負荷の大きい”リスクアセスメント”と”文書作成”の二大作業を「TRIANGLE P-mark」を活用し、劇的に効果的・効率的に実施する手法を伝授。

■14:40~14:45
質疑応答・アンケートご記入

株式会社アトラクスの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]