ウイングアークでしか見られない帳票設計の“肝”が解るコーディング解説&Liveデモ満載の2時間 「帳票設計手法実演・解説」セミナー

ウイングアーク1st株式会社 2007年09月13日

開催場所: 東京

開催日:  2007年10月31日

申込締切日: 2007年10月30日

システム開発のなかでリードタイムを要する帳票開発。あらためて、帳票システムの「要(かなめ)」ともいえる帳票設計が注目されています。本セミナーでは、定評ある「SVF設計部」の次世代帳票ツールとして採用される「SVFX-Designer」を使って、実際の帳票を例に、どれだけの使い勝手と生産性で作成できるのかを徹底して公開。APIや設計関数によるプログラミングの最小化、メンテナンスにも負荷をかけない設計思想をズバリご紹介します。
VBで作りこんでいる帳票、あるいは他社ツールで作成した帳票、また、いまご利用のSVF設計部で作成された帳票と比べ、「SVFX-Designer」でどれだけ制約なしに、やさしく、期待する生産性と正確性でデザインできるのか、ぜひお確かめください!!


セミナー内容


帳票読み込み→フォームレイアウト[Liveデモ]
既存紙帳票、Excel、Word帳票の取り込みから、フィールド作成、計算式や編集式の設定などフォームレイアウトまでを実演・解説します。


クエリーファイルの作成[Liveデモ]
DBに直接アクセスしてデータを抽出し、帳票フォームのフィールドとの関連付けをおこない印刷データを自動的に送るクエリーファイルの作成を、GUIベースのドラッグ&ドロップで実演・解説します。


API関数埋め込み[コーディング解説]
SVFでは、多様な開発言語に対応したAPI関数を提供しています。下記などのAPI関数を使い、API関数を埋め込みを実演・解説します。



API関数(一部抜粋)
VrInit : 開始
VrSetPrinter : 出力するプリンタの指定
VrSetSpoolFileName2 : PDFのファイル名の設定
VrSetForm : 様式ファイルと出力のモード指定
VrsOut : 文字型データまたはビットマップファイル名の出力
VrSetQuery : クエリーの様式の指定
VrCondition : クエリーの抽出条件指定
VrReport : クエリーの実行
VrQuit : 終了


日時・開催概要
開催日 2007年10月31日(水)
時間 10:15~12:15(開場10:00)
受講料 無料
定員 20名
会場 ウイングアーク テクノロジーズ セミナールーム
東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!