直面する帳票システムの課題をズバリ解決 SVFで変わる帳票開発・運用セミナー

ウイングアーク1st株式会社 2007年09月13日

開催場所: 大阪

開催日:  2007年10月23日

申込締切日: 2007年10月22日

帳票ツールのデファクトスタンダード「Super Visual Formade」の全容をご紹介。システム開発における帳票開発工数を削減するツール群を事例を絡めてご紹介します。

キーワード
帳票・マイグレーション・コスト削減・集中管理・分散印刷・WEB・PDF・プリンタ

ご紹介製品
SVF設計部(帳票フォーム開発)
UniversalConnect/X(テキスト連携)
SVF for Web/PDF Java Edition(PDF生成)
SVF for Java Print(高速プリンタドライバ)
Report Director Enterprise(統合帳票スプール)
SVFX-Designer(新製品)


こんな方にお勧め
システム運用担当者様
システム開発担当者様
システムデザイン担当者様
その他、帳票ツールを必要とされる全て(競合会社除く)の方。


セミナー内容


『システム開発における帳票開発の問題点と解決策 』
システム開発でネックとなる「帳票開発」についてその問題点と解決策をツール屋の視点からご紹介します。システム開発費の2/5が帳票開発費と言われています。帳票ツールを使って上手に開発費用を削減してください。


『帳票フォームのデザイン』
請求書や納品書、帳票フォームをデザインする「SVF設計部」。デザインのポイントと上位プログラムの開発工数を削減するポイントをご紹介します。


『上位システムと帳票ツールの連携手法』
汎用機、オフコン、ERP、C/S、WEB等上位システムとの帳票ツールの連携手法を解説します。はじめて帳票ツールをご利用される皆様にもわかりやすく解説します。


『豊富な帳票出力形態』
一言で「帳票」と言っても色々な出力形態が存在します。レーザプリンタからの高速印刷、ドットプリンタからのずれない印刷、軽量PDF生成、帳票スプール保存等々。実機を使ったライブデモでその特徴をご体感下さい。

・UniversalConnect/X(テキスト連携)
・SVF for Web/PDF Java Edition(PDF生成)
・SVF for Java Print(高速プリンタドライバ)


『統合帳票スプール「Report Director Enterprise」』
基幹系システムで必須である「帳票スプール」をオープンな環境で実現させたのが「Report Director Enterprise」です。センター集中での大量帳票出力や支店・出荷センター等での拠点分散帳票出力に威力を発揮します。


『次世代帳票開発ツール「SVFX-Designer」のご紹介』
次世代帳票設計ツール「SVFX-Designer」は、SVF設計部の上位に位置する製品で従来のSVFでは不可能とされていたアイテム(罫線、文字、フィールド等)のダイナミックなコントロールが可能となりました。又、ユーザインタフェイスも更に使い易く柔軟になっており、更にグラフィカルモードではこれまでにないレイヤー機能を搭載し表現力が大幅に向上しました。ズバリ!「お客さまの期待に応える」から「お客様の期待を超える」製品の登場です。


日時・開催概要
開催日 2007年10月23日(火)
時間 13:30~16:30(開場13:10)
受講料 無料
定員 24名
会場 ウイングアーク テクノロジーズ
西日本営業部セミナールーム
大阪府大阪市中央区南本町2-6-12
サンマリオンNBFタワー18F
TEL:06-6282-2620

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR