内部統制セミナー 「すぐに使える内部統制運用評価の手法」 ~ 今期はキーコントロールをいかにおさえるかがキモ ~

株式会社網屋(AMIYACorporation) 2008年03月27日

開催場所: 東京

開催日:  2008年4月16日

申込締切日: 1970年1月1日

日本版SOX法に対応する内部統制において、重要なリスクを特定し、重点対象プロセス絞り込むために、数あるコントロール(統制手続き)の中からキーコントロールを特定することが重要です。
キーコントロールを特定して対象範囲を絞り込んでいくことは、文書化作業だけにとどまらず、コントロールの評価や改善活動など内部統制構築作業全般に影響を与えます。したがって、J-SOX施行直後の今期は、「キーコンロールをいかに適切に押さえるか」が重要となります。

今期から内部統制の運用に入る企業、ならびに、これから内部統制の構築に取り組まれる企業の経営者、内部統制推進責任者、内部監査責任者、IT部門責任者を対象として、現役の公認会計士を講師に、キーコントロールの選定、評価の方法などを分かり易くご説明します。


_____________________
◆セミナー開催概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇名 称:内部統制セミナー 「すぐに使える内部統制運用評価の手法」
~今期はキーコントロールをいかにおさえるかがキモ~
◇主 催:株式会社網屋


◇日 時:2008年4月16日(水) 13:30~17:00 (13:00 受付開始)
◇会 場:世界貿易センタービル 3階
東京都港区浜松町2-4-1 TEL 03-3435-3801


◇対 象:経営者、内部統制推進責任者、内部監査責任者、IT部門責任者
◇参加費:無料 (定員50名)


◇申込み/問合せ:
      セミナー事務局 亀井 TEL:03- 3552-1331 e-mail : seminar@amiya.co.jp


_____________________
◆プログラム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇第1部      
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 講師:上薗 朗 氏(公認会計士)
 具体例で理解する運用状況の評価 (業務プロセス統制を中心として)


(1) 運用評価の概要
・位置づけ
  ・作成する文書
(2) 業務プロセス統制の評価手法
  ・キーコントロールの選定
  ・サンプリング/評価の手法
(3) 全社統制の評価手法
(4) 決算財務報告プロセス(全体)
(5) 決算財務報告プロセス(個別)



◇第2部
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 講師:柴崎正道氏(内部統制コンサルタント)
 システム監査手法を用いたIT統制運用状況の評価

(1) IT統制運用評価の概要
  ・評価のフレームワーク
  ・作成する文書
(2) IT統制運用評価の手法
  ・キーコントロールの選定
  ・テスト手続きの設計
(3) 評価の考え方
(4) 評価結果のまとめ方



◇第3部
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  網屋がご提供するサービスのご紹介

関連情報へのリンク »

株式会社網屋(AMIYACorporation)の関連情報

株式会社網屋(AMIYACorporation)

株式会社網屋(AMIYACorporation)の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?