編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

SAP連携セミナー SAPシステムと現行システムをスムーズに連携させる方法の紹介です

株式会社エス・アイ・サービス

2008-10-28

開催場所: 東京

開催日:  2008-11-19

申込締切日: 2008-11-18

SAP導入プロジェクトでは、何故かデザイン段階で現行システム間連携に関して詳細に触れられません。
インタフェースデータや機能切り分けが不明瞭なまま開発が進むと、最終的にはアドオン多用で、カットオーバー後の保守工数が大きなシステムとなります。
SAPシステムと現行システムの“いいとこどり”をしたシステムデザインでアドオンなしに連携させる方法を紹介いたします。

アジェンダ:
1 SAPシステムと現行システム連携
2 具体的な現行システム間接続設計例の紹介
3 実機連動デモ ~ WMS連携

場所:TKP日比谷帝劇ビル会議室
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビルB1
    JR有楽町駅 徒歩2分  
日時:11月19日(水)14:00-17:00
料金:無料
定員:40名様です。
お申し込みは、下記URLからお願い致します。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]