■□レガシー再生時代のマイグレーション・セミナー 12月大阪開催□■~「ITモダナイゼーション」の最前線から学ぶ!できるマイグレーションアプローチと移行の勘どころ~

株式会社システムズ 2008年11月06日

開催場所: 大阪

開催日:  2008年12月5日

申込締切日: 2008年12月4日

■メインフレーム(汎用機)やオフコンを基盤としたレガシー・システムの刷新、最適化

内部統制強化、J-SOX法への対応、グリーンITへの取組みなど企業を取り巻く
環境の変化に合わせ、企業情報システムを刷新していくために、レガシーマイグレ
ーションが大きなテーマであることは間違いありません。

既存システムの刷新を進めていく上で検討すべきことは多数あります。
当セミナーでは、これから既存システムの刷新をお考えの企業様に、システム刷新
手法の一つ「マイグレーション」について、どのように取り組めば良いのか?
取り組む企業は、どのような課題を抱えているのか?などレガシーシステムの刷新に
関する知見を深めていただきたいと存じます。
     ◆          ◇          ◆
<<実施要領>>
 日 時  2008年 12月 5日(金)14:30~16:30 (14:00~受付開始)
 場 所  システムズ 大阪事業所 セミナールーム
 【参加費無料/事前登録制】
 募集人数  15名(参加順に受け付けますので、お早めにお申込みください。)
 対 象  既存システムの刷新で「マイグレーション」の検討・情報収集中の方
 
<<セミナープログラム>>
 14:00 【受付開始】
 14:30 【オープニング】 ご挨拶
 14:40 ~ 講師:マーケティング事業本部 企画推進部 部長 中本周志

    ◆          ◇          ◆
~「ITモダナイゼーション」の最前線から学ぶ!
  できるマイグレーションアプローチと移行の勘所~

■マイグレーションの最前線から見えるシステム刷新の動向         
・システム刷新問題に直面しているお客様の悩みとは・・・?
・「全面刷新」か「移行」か?何から検討を始めればよいのか?
・「調査・分析」~棚卸しが重要なのは何故?
                 
■マイグレーションを成功に導くシステムズのアプローチと重要技術
・「移行リスク」の見える化が鍵!~だから「標準化/手順化/特許技法」へ
・「変換ツール型」から「設計優先型」へマイグレーションアプローチがシフト
・システムズのマイグレーション・ノウハウの一例

■最近、お問合せの多い「ADABAS/NATURAL」からの移行へのアプローチ
・ADABAS運用の課題~オープン系RDBとの併用による煩雑さ、管理負荷
・ADABAS移行のポイント~ADABAS独自キーへの対応 など
・NATURAL移行のポイント~文法やオンライン画面への対応 など

 16:20 ~ 【個別ご相談承り】
 ・マイグレーションに関するご質問、ご相談など承ります。
  担当:各種汎用機から移行経験のあるシニアアドバイザー
 
<<会場のご案内とお申込み>>
 住 所  〒550-0005 大阪市西区西本町1-7-7 高砂堂ニッセイビル6F
 会場地図 (リンク »)  
 お申し込みはこちら ⇒  (リンク »)

※定員等の都合により締め切り前にお申し込みいただいても、お断りする場合が
 ございます。あらかじめご了承ください。
※お申し込み状況により、同業他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合
 がございます。

■セミナーに関するお問い合わせ
株式会社システムズ マーケティング事業本部
TEL 03-3493-0032
受付時間 9:00~17:45(土・日・祝日を除く)
FAX 03-3493-2033(24時間受付)

関連情報へのリンク »

株式会社システムズの関連情報

株式会社システムズ

株式会社システムズの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!