編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ビジネス戦略におけるデータモデリング活用 - ERwin r7.2リリース記念セミナー

日揮情報ソフトウェア株式会社

2008-11-12

開催場所: 東京

開催日:  2008-12-05

申込締切日: 1970-1-1

データモデリングの基本は、その構成要素である、"データ"と"モデル"につきます。この2つの要素に関する戦略が、企業にとって重要な意味を持ちます。
"データモデリング"という考え方を情報システム全体の中で考えた時、単なるDDL生成の手段だと思っていませんか?データモデルは、企業のデータ資産を管理する基本であり、基礎となります。モデルを作るだけでなく、管理していくことでデータ資産を戦略的に活用することが可能になります。
本セミナーでは、データモデリングツールCA ERwin Data Modeler r7.2のリリースを記念し、マスターデータ管理、データウェアハウス、データガバナンスのトピックに焦点を当て、事例を交えてご紹介いたします。

主催:日揮情報ソフトウェア株式会社
協賛:
Japan Enterprise Modeling User Group
株式会社メタジトリー
日本テラデータ株式会社
日本CA株式会社
日揮情報システム株式会社

■開催日時
2008年12月05日(金曜) 10:00 - 17:00

■会場
東京コンファレンスセンター・品川
※JR品川駅 港南口より徒歩2分
(リンク »)

■参加費
無料(事前登録制、早期に終了する場合がございます)

■対象者
データベース設計者、開発者、運用者、データ管理者、CA ERwinをご利用のユーザー様

■内容
10:00 開場
10:30-10:50 ご挨拶

10:50-11:50 MDMの実践と、あるべき企業情報システムの姿
協和発酵キリン株式会社 情報システム部 部長 中山 嘉之 氏

11:50-13:00 ご休憩

13:00-14:00 ERwinを使ったデータモデリング -作るから管理・拡張へ-
株式会社メタジトリー 取締役 松本 聰 氏

14:00-14:10 ご休憩

14:10-15:10 タイトル未定
メタウォーター株式会社 管理本部 IT推進部 浦谷 貴雄 氏

15:10-15:20 ご休憩

15:20-16:10 グローバルなEDW(エンタープライズ・データウェアハウス)構築戦略の動向とデータモデリング戦術
日本テラデータ株式会社 EDW戦略&コンサルティング統括部 シニアコンサルタント 中岡 実 氏

16:10-16:50 ERwin 新バージョン r7.2機能紹介
日揮情報ソフトウェア株式会社 技術本部 技術グループ モデリング スペシャリスト 緒方 友理

16:50-17:00 質疑応答/閉会のご挨拶

■お問合わせ
日揮情報ソフトウェア セミナー事務局
TEL:045-474-7852

■お申し込み
下記のリンクよりお申し込みください。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]