クラウドで実践する情報セキュリティ対策

クオリティソフト株式会社 2010年03月01日

開催場所: 

開催日:  2010年3月9日

申込締切日: 2010年3月8日

今日、情報セキュリティ対策は企業を運営する上で必須の業務となっております。
しかし、社内ポリシ設置や社員教育のみの対策では限界があり、
また、ツールを導入しての対策には不況の影響で、
多大なる導入コストが捻出できずに困っているというのが企業の現状です。

この様な状況の中、昨年5月より被害が拡大しているコンピューターウイルス「Gumblar(ガンブラー)」は、
ウイルス対策ソフトの導入だけでは感染を防ぐ事ができないという事もあり、
その対策を講ずる為の更なるシステム投資に企業は悩まされています。

クオリティが提供するクラウドアプリケーション「ISM」は、
クライアントPCのWindows Updateとウイルス対策ソフトの管理、
バージョン情報を含むソフトウェア集計レポートといった、ガンブラー対策には欠かせないセキュリティ機能と、棚卸しやライセンス管理といった資産管理機能を、最低限の初期導入コストで一元に実現するソリューションです。

本セミナーでは、「ISM」を活用したガンブラー対策をデモンストレーションと共にご紹介します。

【主な内容】

1)情報セキュリティの現状と課題について
企業を取巻く環境
クラウドによるセキュリティ対策について

2)クラウドアプリケーション「ISM」を活用したガンブラー対策
「Gumblar(ガンブラー)」とは?
ガンブラー被害とその対策
ISMで実現するガンブラー対策

3)「ISM」で実現するPC管理
ISM機能紹介
ISMデモンストレーション
ISMの実装機能ロードマップに関して

4)質疑応答

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]