遠隔医療の実践に向けて〜医療分野における遠隔コミュニケーション最新事例をご紹介

VidyoJapan株式会社 2017年08月23日

開催場所: 東京

開催日:  2017年9月15日

申込締切日: 2017年9月14日

政府が2018年度診療報酬改定で遠隔診療を評価するという方針を表明するなど、遠隔医療を取り巻く状況は大きく変わりつつあります。
日本における遠隔医療の本格的な展開に際し、医療分野における遠隔コミュニケーションの最新動向と実践事例をご紹介するプライベートワークショップを、9月15日(金) 13:30より東京丸ビルコンファレンススクエアにて開催いたします。
今回、九州大学病院 アジア遠隔医療開発センター長 清水周次教授の特別講演をいただき、医療教育の現場における実践についてお話しいただきます。

[プログラム]
第1部:「医療分野におけるライブ・コミュニケーション最前線」
遠隔診断支援や地域医療連携など海外で先行する実践事例、今後日本における
遠隔医療現場でのライブ・コミュニケーションの展開について最新の動向を
デモを交えてご紹介いたします。

第2部「国際医療教育の実践:15年間の軌跡と今後の遠隔医療への展望 」
早期からグローバルレベルで多数の症例研究や先進的な手術のライブ中継などを
通じて医療技術や医学的知識の共有を実践されてきた、九州大学病院 アジア遠隔
医療開発センターの取り組みについてお話しいただきます。

関連情報へのリンク »

VidyoJapan株式会社の関連情報

VidyoJapan株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。