オンラインセミナー:ランサムウェア対策にバックアップはデータ復旧の最後の砦! セキュアバックアップで有事に備えよう

バラクーダネットワークスジャパン株式会社 2018年05月08日

開催場所: WEB

開催日:  2018年6月21日

申込締切日: 2018年6月20日

ランサムウェアはウィルスの一種で、PCやスマートフォンにあるファイルの暗号化や画面のロックを行い、復旧させることと引き換えに金銭を要求する手口に悪用されます。サイバー犯罪のハードルの低下に伴い、WannaCryをはじめ新たなランサムウェアが次々と出現し、2018年1月にIPAが発表した情報セキュリティ10大脅威では、「ランサムウェアによる被害」が2年連続で2位にランクインしました。

一方、IPAに寄せられるランサムウェアに関する相談件数は減少傾向にあり、その背景には、企業におけるランサムウェアへのセキュリティ対策が強化されたことが挙げられます。しかしながら、セキュリティ対策は充分でも、万一の感染に備えて、データのバックアップは必要不可欠です。ウィルス対策やメールのセキュリティ対策は充分でも、ランサムウェア対策の最後の砦となるバックアップシステムが盲点となり、万一の感染時のデータ復旧が困難なケースも見受けられます。

本セミナーでは、ランサムウェア対策はもちろん、事業継続対策の観点からみたバックアップの重要性をご紹介します。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]