Veeam新機能 徹底解説 Part 1:Oracle RMAN連携 ~運用変えずVeeamでらくらくバックアップ&リストア~

株式会社クライム 2019年01月31日

開催場所: WEB

開催日:  2019年2月21日

1月22日にリリースされたばかりのVeeam Backup & Replication 9.5 update 4、このアップデートにはメジャーバージョンに匹敵する新機能が数多く含まれています。これら各種新機能に関して概要をこちら( (リンク ») )のWebセミナーにてご紹介させていただきましたが、その中でも注目度の高い個別の機能をシリーズ化してご紹介していきます。

今回はVeeam Plugin for Oracle RMAN機能です。この機能はOracle RMAN(リカバリマネージャ)で作成されたバックアップを、Veeamの仮想マシンや物理マシンのバックアップと同一のリポジトリに保存するための連携機能です。
これにより、バックアップ管理者は推奨する保存先をRMANバックアップの保存先とし、Oracleデータベース管理者は実行手順を変えずRMANバックアップを実施できます。

関連情報へのリンク »

株式会社クライムの関連情報

株式会社クライム

株式会社クライムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]