【配信!Veeam情報局】 v12徹底解説 Part1 データベース対応強化で更なる活用を!

株式会社クライム

2023-02-16

開催場所: WEB

開催日:  2023-03-15

申込締切日: 2023-3-15

Veeamの新バージョン12では、以下のようなデータベースの対応強化が追加され、今まで以上にデータベースアプリケーションに対するデータ保護の幅が広がりました。

・Linux VM 上 PostgreSQL へのアプリケーション一貫性をもったバックアップ/アイテムリストア追加
・Oracle RMAN、SAP Backint などのデータベースネイティブのデータ保護機能との統合プラグイン強化
・SQL Server ネイティブデータ保護機能との統合プラグイン追加

今回の【配信! Veeam情報局】ではこれらの「データベース対応」をテーマに、主に以下の観点からVeeamの新バージョン12の魅力を徹底解説します。

● どのような構成のPostgreSQLをデータ保護できるのか、注意点
● v12で強化されたVeeam Plug-in for Oracle、SAP HANA、SAP on Oracle の統合管理について
● 新機能であるVeeam Plug-in for SQL Server について

独自にサポートを提供しているクライムだからわかるポイントを惜しみなく公開!

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]