編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

クラウド環境の迅速で容易な構築・運用を支援する日立統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform」

日立が開発した「Hitachi Unified Compute Platform」は、サーバ、ストレージ、ネットワーク、管理ソフトウェアといったクラウド基盤構築に必要な要素を、事前に最適化構成してお客さまにお届けする統合プラットフォームです。

すぐに使え、変化に即応するプラットフォーム

2種類のモデルを用意
2種類のモデルを用意

 ビジネスのグローバル化やビッグデータの利活用などが進展するなか、企業のシステム部門では、増え続けるデータを効率的に分析・活用し、新たな価値を創成するべく、ITリソースの迅速・柔軟な利用をめざしたクラウドや仮想化の導入を進めています。しかし、システムの大規模化や多様化にともない、構築・運用手順が複雑化し、システム管理者の負担や運用コストが増大するという課題が指摘されています。

 そこで日立は、国内外のビジネスで高い実績を誇るハードウェアとミドルウェア、統合システム運用管理「JP1」で培ったきめ細かい運用ノウハウを組み合わせ、ITシステム構築・運用作業の自動化や、サーバ、ストレージ、ネットワークの一元管理を可能とするクラウド環境向けの統合プラットフォーム UCPを製品化しました。

 UCPでは基幹業務にも対応する高信頼のサーバやストレージ、ミドルウェアを日立内で事前検証してから出荷します。これにより、お客さま側での基本設定や動作検証が不要となり、迅速なシステム導入を実現。クラウド環境の初期導入コストを約50%削減することが可能となります。また、大規模データセンターの運用を効率化したいお客さま向けの「IaaS基盤モデル」と、高信頼なプライベートクラウドを短期間で構築したいお客さま向けの「PaaS基盤モデル」の2種類をご用意し、幅広いビジネス要件に対応します。

※ 適用効果はお客さま環境により異なります。

関連記事リンク

【インタビュー】ビジネス環境の変化に即応するクラウド基盤

日立はハードウェアから仮想化環境、ミドルウェアまで、クラウド基盤構築に必要なプラットフォームを事前構成して提供する垂直統合型製品である日立統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform」(以下、UCP)を開発しました。

関連記事リンク
インフォメーション
提供:株式会社 日立製作所
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2013年3月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]