負荷の高い処理を行うアプリケーションも稼働させて、柔軟なワークスタイルを実現

VMwareのvSphere/vSANをベースにしたHCIは3D CAD/CAMのような負荷の高い処理を行うアプリケーションも安定して稼働させられる。製造業や建設業などの本社の設計開発部門で活用される3D CAD/CAMもリモートで操作できれば、クライアント先や全国各地の工場、担当者の職場、究極は在宅勤務のようなリモートワークでも業務をこなせることになり、今までにないワークスタイルが実現できる。

ホワイトペーパー見どころダイジェスト

現在、政府が旗振り役となって進めている「ワークスタイル変革」は、もともと質の高い労働力を持つ日本の産業界が、生産性をさらに高めることによって、グローバルでの競争力を高め、働く人たちのワークライフバランスを高度化しようというものだ。
業務のIT化をさらに進めることで深刻な人手不足の解消にもつながることが期待されている。
今回、ホワイトペーパーでは専門のソフトを活用する建設業界でも進む働き方改革の動向を踏まえた働き方改革に必要なヒントを紹介する。

関連ホワイトペーパー

関連コンテンツ

提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年12月31日