VMwareの新DaaS--オンプレミスにも仮想デスクトップを配備可能

日川佳三 2017年02月09日 12時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴイエムウェアは2月8日、デスクトップ仮想化ソフトの新版「VMware Horizon 7.1」を発表した。これに合わせ、アプリケーション単位のリモート操作や共有デスクトップのリモート操作に機能を限定したパッケージ「VMware Horizon Apps」と、仮想デスクトップのクラウドサービス「VMware Horizon Cloud」も用意した。いずれも2017年4月から提供する。

 新たに追加したVMware Horizon Appsは、機能をアプリケーションの仮想化に限定したパッケージだ。VM(仮想マシン)型の仮想デスクトップを用意するVDI(デスクトップ仮想化)の使い方はできず、Windows ServerのRDS(Remote Desktop Services)機能を使ってWindows Server上のアプリケーションや共有デスクトップを操作する使い方に限られる。

 もう1つの新形態、VMware Horizon Cloudは、仮想デスクトップをクラウドサービス型で提供するDaaS(Desktop as a Service)だ。特徴は、仮想デスクトップを動作させる基盤として、クラウドだけでなくオンプレミス環境のハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)を選択できること(図1)。クラウド上の管理コンソールから、クラウドとHCIに分かれた仮想デスクトップ群を同時に管理できる。

JMPを構成する3つの技術を組み合わせると、仮想マシンを配備し、アプリケーションを配信し、ユーザー設定を反映する、という一連の流れによって、仮想デスクトップを迅速に配備できる
JMPを構成する3つの技術を組み合わせると、仮想マシンを配備し、アプリケーションを配信し、ユーザー設定を反映する、という一連の流れによって、仮想デスクトップを迅速に配備できる

 VMware Horizon Cloudのライセンスは、既存のDaaSでVMware Horizon Cloudと併売する「VMware Horizon Air」と異なり、仮想デスクトップ台数ではなくユーザーライセンスまたは同時接続ライセンスを採用した。仮想デスクトップをクラウドで動作させる場合は、VMware Horizon Cloudのライセンスとは別に、仮想デスクトップのリソースとなるCPUやストレージについてキャパシティライセンスが別途必要になる。

ジャストインタイムで仮想デスクトップを高速配備

ヴイエムウェアのマーケティング本部でシニアプロダクトマーケティングマネージャを務める本田豊氏
ヴイエムウェアのマーケティング本部でシニアプロダクトマーケティングマネージャを務める本田豊氏

 製品発表会見では、ヴイエムウェアのマーケティング本部でシニアプロダクトマーケティングマネージャを務める本田豊氏が、VMware Horizon 7.1の技術面での特徴を紹介した。

 具体的には、ユーザーの仮想デスクトップを迅速に配備するJMP(Just in Time Management Platform、図2)と、VMware Horizon 7で追加した画面情報端末プロトコルのBlast Extremeの優位性を紹介した。

JMPを構成する3つの技術を組み合わせると、仮想マシンを配備し、アプリケーションを配信し、ユーザー設定を反映する、という一連の流れによって、仮想デスクトップを迅速に配備できる
JMPを構成する3つの技術を組み合わせると、仮想マシンを配備し、アプリケーションを配信し、ユーザー設定を反映する、という一連の流れによって、仮想デスクトップを迅速に配備できる

 JMPの構成要素の1つは、サーバ仮想化基盤のVMware vSphereが備えるInstant Clones(インスタントクローン)技術だ。稼働中の仮想マシンのイメージをメモリー上にコピーできる。これにより、仮想デスクトップを迅速にプロビジョニング(配備)できる。これに対して、これまで使われてきたリンクドクローン技術は、立ち上げていない仮想マシンのイメージをコピーする機能だった。

 2つめの構成要素は、App Volumesと呼ぶWindowsアプリケーションのコンテナ技術だ(図3)。あらかじめ仮想デスクトップにインストールしておくことなく、すでに立ち上がっている仮想デスクトップ環境に対して、Windowsアプリケーションをリアルタイムに配信して追加できる。アプリケーションを追加すると、デスクトップ上に起動アイコンが現れる。アプリケーションと仮想マシンを分離することで、複数の仮想マシンイメージを管理する必要がなくなる。

App Volumesと呼ぶWindowsアプリケーションのコンテナ技術を用意した。あらかじめ仮想デスクトップにインストールしておくことなく、すでに立ち上がっている仮想デスクトップ環境に対して、Windowsアプリケーションをリアルタイムに配信して追加できる
App Volumesと呼ぶWindowsアプリケーションのコンテナ技術を用意した。あらかじめ仮想デスクトップにインストールしておくことなく、すでに立ち上がっている仮想デスクトップ環境に対して、Windowsアプリケーションをリアルタイムに配信して追加できる

 構成要素の3つめは、仮想デスクトップを使うユーザーごとの設定を動的に変更するためのUser Environment Management(UEM)技術だ。ユーザーに合わせてアプリケーションのメニューなどを動的に変更できる。フロアを移動した際に使用するプリンタの設定を動的に変更する、といった使い方もできる。

 JMPを構成する3つの技術を組み合わせると、仮想マシンを配備し、アプリケーションを配信し、ユーザー設定を反映する、という一連の流れによって、仮想デスクトップを迅速に配備できるようになる。

 VMware Horizon 7では、Windows標準のRDP(Remote Desktop Protocol)やVMwareのPC over IPとは別に、新しい画面情報端末プロトコルとしてBlast Extremeが利用できる。Blast Extremeの最大の特徴は、帯域が狭くパケットロスが多い低品質の回線でも使えること。

 回線状態に合わせてフレームレートを自動的に変えて通信できる。製品発表会では、帯域5Mビット/秒でパケットロス率が10%の回線で動画を再生するデモンストレーションを見せた。Blast Extremeを使うと、動画が滑らかに再生できた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化