中堅から大規模まで規模ごとに選択できるHCI--コスト効率を高める

HCIが必要なのは大規模環境――そうした固定観念があるかもしれないが、実は中規模環境からでも始められるHCIも存在する。NutanixベースのHCIは、企業全体でのコスト効率を考える上で大きな選択肢になってくる。あらかじめビルトインされた KVMベースのハイパーバイザ AHVを活用すればライセンス費用を抑えることができ、Network Orchestrator を活用すればネットワークスイッチの構成まで自動化して作業工数を削減できる。Xpressモデルを選択すれば、中小規模のシステムでもHCIを採用できるからだ。

ホワイトペーパー見どころダイジェスト

2010年初頭から急速に普及した仮想化ソリューションは、多くの企業や組織で導入され、サーバやストレージ、そしてネットワーク領域にまで適用が進んできた。しかし、2020年を目前にしてこれまで導入してきた仮想化環境のリプレースのニーズが高まっている。
そこで注目されているのが、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。
今回、ホワイトペーパーでは、24時間365日稼動する環境、小中規模でも導入している事例を踏まえHCI活用術を紹介する。

関連ホワイトペーパー

関連コンテンツ

提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年12月31日