編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

効率的なアプリケーション集約の必要性

 システムのオープン化が進んだ弊害として、個々のシステムがサイロ化したという話はよく耳にする。業務ごとに孤立したシステムとなり、それぞれにデータベースがあり、それぞれにアプリケーション実行環境が存在する。また、グローバル化が進みつつある現状では、同じような業務処理をしているにもかかわらず、国ごとに個別システムが稼働している例も珍しくない。別々のシステムを動かすというのは、迅速にグローバル化を進めるためにはいた仕方がないとも言えるが、さらなる展開や買収でビジネスが拡大すれば、管理すべきシステムはどんどん増えることになる。

 サイロ化したシステムが増えれば、管理工数は増大しリソースの無駄も拡大する。そのため、なんとかばらばらなシステムを集約するのが最近のトレンドだ。これには、大規模なブレードサーバーなどで1つにする方法もあるが、それだけでは物理的に集約できてもアプリケーション実行環境はばらばらのまま。管理工数は減らないし、リソースの有効活用もままならない。仮想化サーバーで集約する方法もあるが、これもまたアプリケーション実行環境は減らないし、場合によっては仮想化レイヤーという新たな管理対象が増えかねない。

 効率的なアプリケーションの集約を行うには、個別なアプリケーション部分と、共通化できるアプリケーション実行環境をまずは明確に分離する必要がある。そしてこの共通化できる部分において、リソースを適切に配置し柔軟にコントロールできれば、柔軟性が増しビジネス変化への迅速な対応も可能となる。そして、これを実現するのが最新のミドルウェア・ソフトウェアの重要な役割なのだ。Oracle Fusion Middlewareは、まさにこの共通化すべき部分を適切かつ効率的に管理運用するためのソフトウェア群となっている。

関連記事

Javaエバンジェリストが語る「JavaOne 2012 San Francisco」の見どころ
Javaに関わるコミュニティと開発者の祭典「JavaOne 2012 San Francisco」が米国サンフランシスコで開催された。日本オラクルから参加したシニアJavaエバンジェリストの寺田佳央氏に、今回のJavaOneにおけるハイライトについて聞いた。

関連リンク

過去記事

ハードウェアリソースが大幅に追加、さらに性能が向上したOracle Exalogic X3
Oracle Exalogic Elastic Cloudは、X2からハードウェアリソースを大幅に追加し、性能が向上したX3にメジャーバージョンアップした。Exalogicで稼働させるだけで、業務アプリケーションは大幅に性能向上する。機能面、管理面の双方からの解説だ。
BPMは小さく始めて大きく育てる--Oracleが提案するBPMのクイックスタート
OracleはBPMに必要なものすべてをオールインワンで提供している。BPMの導入で重要なのは、変化に柔軟に対応できることだ。Oracle Business Process Management Suite 11gの解説を通じ、その意図を伝える。

インフォメーション

ページリンク
インフォメーション
JavaDayTolyoイベント概要

日時:2013年5月14日(火)

会場:秋葉原UDX

本イベントには、これからのJavaの方向性を決めるキーパーソンが多数来日し、 Javaの最新動向と将来を語ります。

お問い合わせ:日本オラクルセミナー事務局
oracle-events2_jp@oracle.com

日本オラクルお問合せ先
0120-155-096
受付時間:月から金9:00~12:00/13:00~18:00
(祝日及び年末年始休業日は除きます)
Oracle Direct
提供:日本オラクル株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2013年2月28日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]