編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ネットワーク、アプリケーション、セキュリティ
やってみてわかった 快適で価値のあるリモートワーク実現に”本当に必要なこと”~今を乗り切るだけじゃない、これからの成長につながるリモートワークのために~

現在の企業システムにおいてMicrosoft Office 365、Box、Salesforce、ServiceNowなどSaaS型アプリケーションを活用することは決して特別なことではありません。こうした傾向は近年のビジネストレンドであるDXや働き方改革の推進、さらには新型コロナウイルスによる社会混乱といった要因により加速の一途をたどっています。特に、新型コロナウイルス流行によってもたらされた、十分な準備期間をとれないなかでのリモートワーク実施といった緊急事態においても、多くの企業の助けになったのがSaaS型のアプリケーションです。

このような良い面がある一方で、さまざまな課題も顕在化しました。リモートワーク人口の増加によりネットワーク上のトフラフィックが増加するなかで発生する課題の1つにネットワークの「距離遅延」があります。これによりリモートワークをしている場所によっては、看過できないレベルでのパフォーマンス低下をもたらす可能性があります。これはグローバールに拠点展開をしている場合などに顕著ですが、国内だけの展開も場合も無関係ではありません。

SaaS型アプリケーションが業務のなかで重要な役割を担うようになっている状況で、こうした不具合がでることは業務の生産性に大きな影響を及ぼします。さらに原因究明に多大な時間がかかる様では、その間対策が打てず、従業員や顧客のストレス増大など、副次的な面でもビジネスにダメージを与えます。これではせっかくの投資がネガティブな結果を招くことになってしまう可能性すらあるのです。

こうした実際にリモートワークをやってみてわかった、ネットワーク最適化、アプリケーションパフォーマンス監視、セキュリティなどの生産性をたかめ、企業として価値のあるリモートワーク環境に”本当に”必要な投資とは何かを考えます。

製品情報

インフォメーション

提供:リバーベッド・テクノロジー株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2020年10月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]