たんなるオンプレミスERPのクラウド化ではない、SAP S/4HANA Cloudは企業が変革する“きっかけ”

株式会社アイ・ピー・エスは、創業以来20年以上にわたり顧客の基幹業務における業務品質を追求するためにSAP ERPシステムの導入、保守サービスを提供するプロフェッショナル集団。同社は、自社の基幹系システムをいち早くSAP S/4HANA Cloudに移行した。これは単にオンプレミスの基幹系システムをクラウド化する取り組みではない。パブリッククラウドのSAP S/4HANA Cloudの活用は、企業そのものが変革するきっかけとなるものだった。

SAP専業ベンダーとしての強味

 アイ・ピー・エス代表取締役社長の渡邉 寛氏と取締役 営業本部管掌 久下直彦氏は、SAPが日本でビジネスを始めて間もない1994年ころにSAPのERPに出会った。当時の日本では、会計や人事などの基幹系システムはもちろん、生産管理や販売管理システムなども独自開発するのが主流だった。

アイ・ピー・エス 取締役 営業本部 管掌 久下直彦氏
アイ・ピー・エス 取締役 営業本部 管掌 久下直彦氏

 「生産管理や販売管理システムを大きな投資で構築しても、動かすまでに苦労したり動いても長くは利用できなかったりと課題がありました。対してSAPのERPを持ってくればすぐに使い始められ、さらに長く使い続けられる。これは良い製品だと思い、まずは受注プロジェクトとして顧客に提案しました。その後、SAPの良さをもっと伝える企業があるべきと考えアイ・ピー・エスを起業しました」(久下氏)

 当時のSAP ERPは、大手企業が莫大な投資を行い導入するもの。動かすまでに手間と時間が必要で、かなり苦労するイメージがあった。とはいえ本来のパッケージ製品の良さをうまく引き出せば、中堅など開発リソースを十分に確保できない規模の企業でも、素早く導入しメリットを享受できるはず。「会社を起業しビジネスを始めたら、すぐに契約して業務アプリケーションが使える。SAPならそれが実現できると考えました」と久下氏。

 アイ・ピー・エスは1997年に創業、一貫してSAPの導入、保守サービスのビジネスを展開している。いくつものSAP導入案件を経験し、中小から中堅企業で迅速にSAP ERPを導入する独自の手法も確立した。そのノウハウは「EasyOne」テンプレートとして提供している。EasyOneテンプレートは自社だけでなくSIパートナーからOEMでも提供され、多くの企業におけるSAP ERP導入の迅速化や効率化に貢献している。

 「多くのベンダーでは顧客の要望を聞きそれを満たすシステムをSAPでどう構築するかの従来型アプローチを取りがちです。そうするとSAPの上に多くの追加開発を行い、納期も長くなり品質的にも問題が出る。対してアイ・ピー・エスでは、SAP ERPを使い顧客業務をどうスムースに運用できるようにするか、それを実現するためのアプローチを取ります」(久下氏)

 このアプローチの違いが、SAP導入に携わる他ベンダーとの違いだ。そして同社がもう1つ拘っているのが、スピード。これは製品やサービスを顧客に提供する速さはもちろん、社内のさまざまな判断も迅速に行う。執行役員 事業開発部 部長 兼 営業本部 副本部長の赤松 洋氏は「業界動向をキャッチアップし、どこにどういった人、時間、お金を投資すべきかの判断を素早くできるようにしています」と言う。これはそれほど規模の大きくない独立系ベンダーだからこそできることで、そういったモチベーションを持つマネージメント層がリードしている。

提供:SAPジャパン株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年8月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]